2012年11月15日

鹿児島人の活気熱気を溢れるおはら祭り

第一章 小原良节
在每年的11月2号、3号,鹿儿岛会举行极其赋有日本民族特色的小原良节。关于小原良节的由来有很多说法,其中最为流传的是日向安久的安久节,战争中为了鼓舞士气所衍生的歌舞。

第一章 おはら祭りの由来
おはら祭りでは、毎年11月2、3日にわたって行われる鹿児島のお祭です。おはら節の由来はいろいろありますが、日向安久の安久節を起源とする説が有力です。島津家の琉球侵攻に従軍した日向安久(現在の宮崎県都城市安久)の郷士が陣中で士気を鼓舞するために唄った歌を、「原良」の郷士たちが帰国後歌詞を作って歌い、それが、鹿児島地方一帯に広がるに及んで、「原良」に「小」をつけて「小原良節」と呼ぶようになったといわれています。唱歌.JPG

集体.JPG
第二章 练习舞蹈
10月29日,无论是校长老师还是学生,都聚集在体育馆里练习小原良节的舞蹈。这是我们三个留学生第一次接触鹿儿岛的传统舞蹈。和着代表鹿儿岛的传统民谣《おはら節》、《鹿児島ハンヤ節》还有《渋谷音頭》,大家兴致勃勃地练习着。虽然完全不知道歌词是什么,但我还是很兴奋的学习着每一个舞蹈动作。小原良节需要穿的衣服也借给我们了,如此万事俱备,只欠东风。

第二章 踊りの練習
10月29日に、学長・先生・学生一緒に体育館でおはら祭りの踊りの練習しました。私たち三人の留学生にとって、鹿児島の伝統的な踊りに触れるのは初めてのことです。鹿児島を代表する民謡「おはら節」、「鹿児島ハンヤ節」、それから「渋谷音頭」にあわせて踊りました。歌詞の中身は全然わからなくても、楽しく踊りの動作を学びました。おはら祭りできるハッピも貸してくれました。準備すべて万端で、お祭りの日の当時を楽しみにしていました。

K猪.JPG
第三章 前夜祭
11月2日晚6点左右,期待已久的小原良节终于开始了。道路两旁挂满了写着“小原良节”的花灯笼,灯火闪耀。起初我们觉得有点冷,但是越跳越暖和。休息的时候,我们就去喝茶,还挑战了烧酒!我们还和校长、老师、好朋友们一起照照片,情绪高涨。

第三章 前夜祭
11月2日の夜6時ごろ、待ちに待ったお祭りがいよいよ始まりました。大通りの両側に「おはら祭り」と書いた灯籠が並んでいて、灯火があかあかと輝いていました。最初はちょっと寒かったですが、踊れば踊るほど暖かくなりました。休憩の時にお茶を飲んだり、焼酎にも挑戦しました。学長や先生、友達と写真を撮ったりして、とても盛り上がりました。

前夜祭.JPG朋友.JPG
第四章 第61届小原良节
小原良节当日天气很好,许许多多的列队舞蹈者、击太鼓等表演者、观光客、演奏者等都各尽其能,开心地庆祝着这个洋溢着热情与活力的节日,与此同时也受到小原良节精神的渲染和鼓舞!
个性张扬的舞蹈队列波涛般渐渐涌来,身着浴衣配上花斗笠等色彩鲜艳的衣饰装扮,一边吆喝着“哟依哟依,哟依呀撒~”一边在天文馆附近宽阔的大路上行进。舞蹈队列中,几个身体结实的老爷爷们也在精神抖擞的跳着舞,而这一切都将节日的热烈的气氛推向顶峰。我和同行的留学生小A觉得颇为新奇,不停地拍照。

第四章 61回目のおはら祭り
お天気にも恵まれて、多くの踊り連、太鼓演奏などのパーフォマンス、観客の方々、演奏の方々等、賑やかな活気あふれるお祭りとなって、楽しく過ごしました。そしてこのお祭りから元気をもらいました。浴衣に花笠姿など色鮮やかな衣装で、「ヨイヨイ、ヨイヤサー」のかけ声を響かせながら、個性あふれる踊り連が壮大な踊りの波をつくって、天文館近くの大通りに進んでいきました。踊り連の中には、元気そうなおじさんもチラホラと見受けられて、お祭り気分を満喫しているようでした。一緒に見に行った留学生のAちゃんも、私も、初めて見る物珍しさにたくさん写真を撮りました。

斗笠.JPG斗笠 (2).JPG老爷爷.JPG
第五章 归途
晚上五点左右,我和小A准备回家了。一路上,两个人骑着车不禁嘴里唱出“哟依哟依,哟依呀撒~”来,两人不约而同地看了对方一眼,“哈哈”笑起来……

第五章 帰りの道で
五時ごろAちゃんと帰途につきましたが、自転車に乗りながら2人の口からは自然に「ヨイヨイ、ヨイヤサー」のかけ声が口をついてでてしまいました。思わずAちゃんと顔を合わせて、笑い合っていました。  
K白猫.JPG
posted by TEAM IT at 20:04| Comment(1) | 日記

2012年11月07日

慈眼寺公園のコスモスとそうめん流しの体験

提到花,我想应该谁都喜欢吧,尤其是女生,对于花,真的是大爱啊。这个时节,鹿儿岛迎来了大波斯菊的观赏期。喜欢花的我们怎么能错过这个好机会呢?我们利用某个周末和学校国际交流社团的朋友们一起去慈眼寺公园观赏了大波斯菊。我们是在鹿儿岛中央站乘火车去的慈眼寺公园。单程只需240日元,用时17分钟左右,真的很方便。
今、鹿児島のコスモスは見ごろを迎えています。花は、皆さん好きでしょう?特に女の子ヽ(*´∀`)ノ。この前の土曜日に、私たちは国際交流サークルの友達と一緒にコスモスを見に行きました。私たちは鹿児島中央駅からJRに乗って慈眼寺公園に行ってきました。片道で240円、17分ぐらいかかりました。本当に便利ですよ。

我们在慈眼寺站下车后,步行15分钟后终于到了大波斯菊花田。
慈眼寺駅から降りて、慈眼寺公園のコスモス畑まで歩いて15分ぐらいかかります。そしてやっとコスモス畑に着きました。

1.jpg


看,这是我们拍的大波斯菊的照片。很美吧O(∩_∩)O~约5500平方米的土地上,约10万株大波斯菊在争奇斗妍地盛开着。大片大片的大波斯菊,实在是让人惊喜,简直就是花的海洋。随风摇曳的大波斯菊实在是太可爱了O(∩_∩)O~确实很打动人心!看着这满开的大波斯菊,实在是感觉很幸福。对了,大波斯菊的日语名又叫做“秋樱”。代表日本时节的花,春天是樱花,秋天是秋大波斯菊,这样说一点都不夸张,而且还很形象。
ほら、これがコスモスの写真です。綺麗でしょう。約5500平方メートルの土地には、赤、ピンク、白など色とりどりの約10万本の花が咲き誇っています。一面のコスモスで、びっくりしましよ。花の海洋って感じがしました。そよ風にゆらりと揺れるコスモスは愛らしいですよ。確かに迫力があります。満開のコスモスを見られて、幸せな気分がしました。ちなみに、コスモスの日本語の名前は「秋桜」と言います。日本の花の代表格なら、「春は桜、秋はコスモス」と、言っても過言ではありません。

2.jpg

在大波斯菊花的包围下,怡然自得地漫步在花田,拍摄照片等实在是很开心。可以充分领略秋季的美好。
コスモスに囲まれながら、散策や記念撮影をして楽しみました。秋を満喫することができました。

慈眼寺公园是利用原始林和溪流等自然条件而发展起来的面积广阔的自然公园。在这里,春天可以欣赏樱花,秋天可以欣赏枫叶和大波斯菊,是市民休憩放松的好场所。慈眼寺迹在1974年的时候作为名胜被指定为鹿儿岛的文化财产。在以史迹和自然为中心的慈眼寺公园里也有自然游步道。

慈眼寺公園は原生林と渓流などの地形をそのまま生かした広い自然公園。春は桜、秋は紅葉とコスモスを楽しめて、市民の憩いの場所になっています。慈眼寺跡は昭和49年(1974年)に名勝として鹿児島市の文化財に指定されました。史跡と自然とを中心にした公園に自然遊歩道もあります。

3.jpg
4.jpg

这是一条绿色盎然的治愈之路。漫步在自然游步道,心旷神怡。实在是和大自然接触的好机会O(∩_∩)O~并且,空气超级新鲜
緑に癒される道ですよ。自然遊歩道で散策して、気持ちいいですよ。自然に触れるいいチャンスですよ。そして、空気はおいしいですよ(@^▽^@)

6.jpg

走着走着,有个大发现!猜猜是什么?自然游步道里竟然有秋千,实在是惊喜。大家很开心地荡着秋千,仿佛回到了小时候。
大発見!!!自然遊歩道にブランコがあります。皆さんは楽しくブランコに乗っていました。まるで子供の時に戻ったようですよ。

差不多到午饭的时间了。我们在慈眼寺公园吃了流水面。
そろそろ昼ごはんの時間です。私たちは慈眼寺公園でそうめん流しを楽しく食べました。

5.jpg

置身自然中吃着美食,欣赏着美景,开心地和朋友们聊着天,没有比这更快乐的了!O(∩_∩)O~
自然の中で美味しいそうめん流しを食べて、美しい景色を楽しめて、友達と楽しく話して、やはり最高です(o ̄∇ ̄o)♪

托大家的福,我们度过了很开心的一天。又是一份美好的回忆。O(∩_∩)O~
皆さんのおかげで、楽しい一日でした。いい思い出です。

(图文/ldx)
posted by TEAM IT at 10:17| Comment(0) | 日記