2012年12月20日

沖永良部島へめんしょり(三)

沖永良部の旅行で一番よかったのは青い綺麗な海を見れたことです。小さい頃から海が大好きでしたが、私が生まれ育った地域には海がありません。だから、今回、沖永良部で青い海をみることができてとても興奮しました。
这次冲永良部的旅行最棒的就是看到了美丽的蔚蓝色的大海。从小就喜欢海,可是我的老家不是沿海地区,所以这次真的很兴奋。 
では、知名町の三つの観光地を紹介し、皆さんと沖永良部の良さを分かち合いたいと思います。   
那么,我就来给大家介绍下知名町的三个景点,和大家一起分享魅力十足的冲永良部之旅。   
 最初は昇竜洞(SHORYUDO-CAVE)です。鹿児島県の天然記念物に指定されている昇竜洞は悠久幾千年、暗黒の地底に展開している大鍾乳洞です。昭和38年に発見され同年3500メートルのうち600メートルが一般公開されました。地下水がサンゴ石灰石を溶解し、一滴、一滴の雫(しずく)がつくり出した大自然の彫刻です。天井から無数に垂れ下がる銀白色の鐘乳石は、東洋一といわれる美しさで、サンゴの海から生まれたその変容は、日本本土の鍾乳洞とは趣が異なります。大きな凹地の底から降りて洞内へ入って行くのですが、進んで行くにつれて暗くて怖かったですが、照明の下、綺麗な石が輝いていて、ダイヤモンドが敷き詰められているのではないかと思うほどでした。とても神秘的な印象を受け、まるで別世界に行ったような気がしました。ここの鍾乳石の種類の多さと美しさに感動しました。日本国内で屈指の鍾乳洞だと思います。   
首先是升龙洞。悠悠几千年,在K暗的地下展开的大型钟乳洞升龙洞,被誉为鹿儿岛县的天然纪念物。于昭和38年被发现,全长3500米,其中600米对游客公开。地下水将珊瑚石灰石溶解,一滴一滴得积攒形成,其形状出自大自然的雕刻。从洞顶自然垂下的无数银白的钟乳石,可称为东阳第一美,与日本本土的钟乳洞不同,升龙洞是由珊瑚海变迁而来,因此别有一番趣味。沿着大型凹地的底部进入洞内,随着行进,愈发K暗恐怖,但是灯下的钟乳石闪闪地发着光,仿佛镶嵌着无数细细碎碎的宝石一般。洞中神秘的氛围,使人恍若置身另一个世界。这里钟乳石繁多且秀美,令人难以忘怀,应该是日本国内屈指可数的钟乳洞吧?
DSCF1081.JPGDSCF1094.JPG   
 ウジジ浜は上部がふくらんで傘のようになった奇岩が立ち並ぶ岩礁海岸です。これは、石灰質の岩が、長い年月にわたって波や海水の化学物質による侵食を受けてできたものです。沖合は遠浅のため、絶好のダイビングポイントにもなっています。ウジジ浜に奇岩がいっぱいあって、見る角度によって動物や植物の形に見えます。岩の道は歩きにくかったですが、できるだけ海の近くに行たかったので、頑張って歩きました。まるで冒険しているような気持ちになってとても楽しかったです。ウジジ浜から眺める夜明けは言葉を失うほど絶景だと聞きました。今回見は、残念ながら見ることができませんでしたので、今度中国の家族と一緒に見に来たいと思います。
   ウジジ浜上部的岩石像撑开的伞一样,并立在岩礁海岸。这是由于石灰质岩石,长年受到海水中的化学物质的侵蚀而形成的。由于冲击的远近高低,形成了极好的潜水点。ウジジ浜有很多奇岩,随着角度的不同会呈现出各种动物或植物的形状。岩石路虽难走,但是想尽量地去接近大海,我努力的向前走着。简直就像冒险一样,非常有趣。听说黎明时从ウジジ浜眺望,此时景色美到无法言喻!这次我没有看到很可惜,下次希望能和住在中国的家人一起来观赏!
DSCN1118.JPGDSCN1091.JPG   
 最後は沖永良部島北西端に位置する屈指の景勝地「田皆岬」です。車から降り、なだらかな芝生の斜面を海の方向へと下りていくと、高さ40メートルの垂直な断崖絶壁や、珊瑚の奇岩怪石が一面に点在しています。ここの見所は何と言ってもその隆起サンゴ礁の絶壁から望むことが出来る紺碧(青というイメージではない)の海だと思います。水深の浅い手前側はサンゴが見られ、カクテルのような透明感のあるコバルトブルーから深くなるにつれその紺碧さを増していきます。雄大なパノラマに同行者一同感激しました。
   最后去的是位于冲永良部岛北西端的屈指可数的景点“田皆岬”。从车上下来,平坦的草坪形成一个向下的斜坡,顺着斜坡的向下能够看到,40米高垂直的断臂悬崖和奇岩怪石。要说这里最吸引人的就是,从隆起的珊瑚礁形成的绝壁眺望到的湛蓝色(并不是平常那样的蓝色)的大海。在身边水浅的地方能够看到珊瑚,像透明的鸡尾酒那般从碧蓝渐变为深蓝。同行者都被这壮丽的全景所震惊。
DSCF1411.JPGDSCF1407.JPG
 三日間の旅はあっという間で、綺麗な景色と離れたくなかったです。また中国にいる家族と一緒に遊びに行きたいと思います。
三天的旅行转眼间就过去了,可是我并不想与这美景分别。我希望下次能够跟中国的家人一起来玩!
posted by TEAM IT at 00:49| Comment(0) | 日記

2012年12月17日

沖永良部島へめんしょり(二)

冲永良部岛十分的漂亮,是一个到处都充满了魅力的地方。冲永良部的大海十分的美丽,让人感受到一种女性的柔和。

沖永良部島は本当にきれいで、すばらしい魅力にあふれています。海も美し、そして柔らかいで、女性的な優しさを感じます。

我的故乡也是沿海城市,故乡的海让我觉得宽广浩瀚却没有美的体会。我还是第一次见到那样的蓝色,见到那样碧绿澄K的大海。真想一直就住在冲永良部的海边,不想回去。

私の中国での故郷も海沿いにありますが、海を見ても「ただ広いなあ」と思うことはあっても、きれいだなあ」とまでは思いません。沖永良部島の海のような、青く澄みきった海を見たことは生まれて初めてした。ずっーーと、海のそばにいて、帰りたくありませんでした。

在冲永良部众多观光景点当中,最让我印象深刻的就是フーチャ海岸,フーチャ海岸是一个海浪相对较大的地方。

沖永良部のいろいろな観光スポットの中で、一番印象に残っているのはフーチャ海岸です。フーチャ海岸はわりと海の荒いところです。

1.JPG2.JPG

凹凸不平的岩石和陡峭的悬崖是フーチャ海岸的特征。因为受到海浪的侵袭,岩石路面上一个大岩洞尤其让人震撼。

ゴツゴツした岩場と、切り立った崖が特徴的です。波で削られ、岩場の中に一つの穴が開いています。
3.JPG
我们去フーチャ海岸的那天,天空尤其晴朗,大海宝石一样的蓝色让我们神往,因为海风较大的原因,海浪凶猛,十分的具有魄力,雄伟壮观的感受油然而生。

私達がフーチャ海岸に行った日、空が晴れていたために、海の色がもっと青くなり、私達はその青さにうっとりしました。風が非常に強かったので、海は荒れています。波や潮が穴から高く吹き上げて、すごく迫力があり、雄雄しい感じがします

我们在拼命的寻找星星形状的沙粒,找到这种沙粒可以让我们变得更加幸福。

私達は一生懸命、星の形をした砂(星砂)を探しています。星砂を見つけると幸せになれるんだって。
4.JPG
 
说道冲永良部岛,美丽的大海除外,还有很多吸引人的地方。

沖永良部島と言ったら、海はもちろんのことですが、他にもいろいろと魅力的なところがあります。

来到冲永良部,我第一次见到了榕树,而且是日本第一的大榕树,榕树是生长在亚热带、热带地方的植物,对生长在中国北方的我而言十分的稀奇。

沖永良部島に行って初めてガジュマルを見ました、しかも、日本一のガジュマルです。ガジュマルの木は亜熱帯から、熱帯の地域に自生する植物です、中国の北の方の出身の私にとっては、大変珍しい木です。 
DSCN1056.JPG
日本第一的大榕树生长在国头小学,尽管已近冬天,大榕树仍然枝繁叶茂像一把碧绿的大伞。“真大呀”我不禁自语。 

この日本一のガジュマルは和泊町の国頭小学校にあり、冬にもかかわらず、緑の葉を広げています。「本当に大きいですね」と私はつぶやきました。DSCN1040.JPG

明治31年国头小学的第一届毕业生种下了这颗大榕树。这样细算一下,它已经有百年多的历史。大榕树仍然深深扎根地下,生机盎然。树高约7米,枝叶张开约22米,树干直径约6米,真是名符其实的大榕树。

このガジュマルの木は、明治31年に国頭小学校の第一回卒業生が植えました。そう計算すると、もう百年以上の歴史がありますが、その木がまだ大地にしっかりと根を張り、生命力が満ち溢れて、生きています。高さが約7mに対して、枝張りが約22m、そして幹回り約6mとなっています。本当に評判とおりの日本一です。
DSCN1049.JPG

因为是星期天,我们没能看见国头小学孩子们的身影,我想国头小学的孩子们一定也像这颗日本第一的大榕树一样,正淘s健康的成长着。


日曜日でしたので、国頭小学校の児童の姿を見ることはできませんでした。国頭小学校の児童達も、きっとこの日本一のガジュマルと同じように、元気よく育てられていると私は思います。 
DSCN1043.JPGDSCN1069.JPG
posted by TEAM IT at 11:35| Comment(0) | 沖永良部島へめんしょり(二)

2012年12月15日

沖永良部島へめんしょり(一)


冲永良部岛是个什么样的岛呢?
沖永良部島ってどんな島ですか?


因为这次的取材调查,我第一次知道冲永良部岛。「めんしょり」这句话是冲永良部的方言,意思是“欢迎光临”。在取材前,我事先查阅了有关冲永良部的信息,也因此知道了「めんしょり」这句话的意思。冲永良部岛的主页很可爱,而且详细介绍了冲永良部岛的观光信息。在这里我想简单介绍下从主页上知道的关于冲永良部的信息。
今回の取材をきっかけにして、沖永良部島のことを初めて知りました。「めんしょり」というのは沖永良部島の言葉で「ようこそ」という意味です。今回、取材をする前に、沖永良部島のことを事前に調べ、「めんしょり」という言葉の意味を知りました。沖永良部島のホームページはとても可愛くて、そして観光の情報について詳ししく紹介されています。ホームページの内容から、少し沖永良部島の情報について紹介します。

冲永良部岛是位于鹿儿岛市向南552km,冲绳本岛向北60km,北纬27度上的珊瑚岛。周长55.8km,面积93.8km2 。由和泊町和知名町组成,人口约1万4千多人。从鹿儿岛乘飞机用时1小时10分到达,从奄美乘飞机35分钟到达,从冲绳乘飞机用时50分钟到达。冲永良部岛因为是珊瑚隆起而形成的岛,因此并没有像奄美、コ之岛以及冲绳等地那样有毒蛇。也因此冲永良部岛的农业很发达。冲永良部岛隶属奄美,很靠近冲绳的北部,因此兼具冲绳文化以及鹿儿岛的文化特色,可以说是某种意义独特的岛。
沖永良部島は鹿児島市から南へ552km、沖縄本島から北へ60km、北緯27度線の上に浮かぶ隆起珊瑚礁の島です。周囲55.8km、面積93.8km2です。和泊町と知名町からなり、人口約1万4千人あまりです。鹿児島から飛行機で1時間10分、奄美から飛行機で35分、沖縄からセスナで50分かかります。沖永良部島はもともと珊瑚礁が隆起してできた島ですから、奄美や徳之島、沖縄地方などに生息しているハブは沖永良部島にはいません。ですから、沖永良部島の農業は発達しています。奄美諸島に属しており、沖縄のすぐ北ということもあり、沖縄の文化と鹿児島の文化が入り混じっていますから、ある意味独特な島であるといえます。


追溯历史--冲永良部岛与西乡隆盛
歴史に遡るーー沖永良部島と西郷隆盛


冲永良部岛在琉球王朝的时代属于其中的一部分。1609年,冲永良部岛被萨摩藩占领。1862年,西乡隆盛因为触犯了当时掌握萨摩实权的岛津久光,被流放到了冲永良部岛。
沖永良部島は琉球王朝時代にその王国の一部でした。1609年に、薩摩藩に占領されました。1862年、西郷隆盛は薩摩藩の国父・島津久光の怒りに触れ、沖永良部島に流罪となりました。


111.jpg
这里就是西乡隆盛当时登陆的伊延港。这个伊延港现在是沖永良部主要的港口之一。因为台风等天气船只无法靠近和泊港的时候,就会使用伊延港。绿色的海水美丽极了,震人心魄。
ここは西郷隆盛上陸地の伊延港です。この伊延港は沖永良部の主要な港の1つです。台風などで、和泊港に船が接岸できない場合には、この伊延港が使われます。緑の海はとても美しく、迫力があります。

112.jpg
这条路是西乡隆盛登陆后前往和泊的牢房所走的路。并且还在这里小憩了一下。
この道は西郷隆盛は上陸の地から和泊の牢屋へ歩いた道です。そしてここで、一休みしました。

113 (2).jpg
西乡隆盛在上图所示的地方度过了一年6个月的牢狱生活。要饱受夏天的酷暑以及蚊子,冬天凛冽的寒风。但是就是在这种极端恶劣的条件下,西乡隆盛依然正襟危坐孜孜不倦地读书,追求学问。聚集牢外的少年传授古今圣贤之道。此外,还教授当地人们备荒储粮之法。敬天爱人的思想也是在这里完成的,成为冲永良部岛发展的基础。冲永良部岛的人很是尊敬西乡隆盛。
西郷隆盛はここで一年6か月牢屋生活を送りました。夏は猛暑と夜蚊に悩まされ、冬は海からの寒風にさらされました。こんな限界の状態で、西郷隆盛は牢中に正座して読書に耽り、囲外に少年たちを集めて古今聖賢の道を談じました。そして、凶年に飢きんに備えての社倉法を教えました。敬天愛人の思想も、この地で完成されて、沖永良部島発展の基をなしています。西郷隆盛は沖永良部島の人々に大変愛されています。


冲永良部到的休闲乐园−−笠石海滨公园
沖永良部島のレジャーランド――笠石海浜公園

DSCF1031_副本.jpg
我们去了笠石海滨公园。奇特的岩石从某个角度看上去就象一顶斗笠,因此这个公园取名为笠石海滨公园。以自然为中心的广阔公园,有野营场,户外烧烤的等的场所,并且会在这里举行各种各样的活动。每年3月举行的长跑大会,笠石海滨公园就是其中的主要场所。夏天的时候会开设海水浴场,因此前来这里的人很多,很是热闹。
私たちは笠石海浜公園に行きました。笠石海浜公園は、奇岩が見る角度により「笠」に似ているという事から、笠石海浜公園と命名されました。自然を中心にした広い公園で、キャンプ場、バーベキュー場施設があり、いろいろなイベントはここで行われます。毎年3月には沖えらぶジョギング大会が開催されており、メイン会場となっています。夏には海水浴場が開設されます。夏には海水浴に来た人たちで賑やかになります。

公园里也有展望台。展望台的外观很独特,是根据冲永良部岛有名的百合花设计而成的。很可爱吧O(∩_∩)O~从展望台不仅能瞭望到公园的全景,还能饱览湛蓝的太平洋的浩瀚风景。
公園に展望台があります。展望台の外観は少しユニークな形をしています。デザインは「えらぶユリ」から発想されているということです。展望台から公園の全景はもとより、紺碧に輝く太平洋を見渡すことができます。

在这里,既可以和朋友以及家人进行身体锻炼,尽情玩耍,也可以静静地享受自然风光,是可以进行多种利用的场所。真不愧是休闲乐园
友達や家族と体を動かしたり、のんびりしたりできるので、とても自由度の高い場所です。さすがレジャーランドです。

冲永良部岛的海以及海滩−−湾门海滩
沖永良部島の海とビーチーーワンジョビーチ



DSCF1155_副本.jpg
沖永良部島は珊瑚礁が隆起してできた島ですから、ここの珊瑚の海はとても綺麗です。海はとても澄み切っていて、海の色はグラディエーション豊かに変わっていきます。ワンジョビーチは白い砂が広がる美しいビーチです。青い空と白い雲が東シナ海の水平線に広がります。東シナ海に広がるすみきった青空,サンゴ礁の美しい海と真っ白い砂浜が印象的な海岸です。なかなか絵になります。海からの爽やかな風を感じることができます。とても美しい光景に感動してしまいました。

因为冲永良部岛是珊瑚隆起形成的岛,这里的珊瑚海超级漂亮。海水不仅清K见底,而且颜色富于变化。湾门海滩是白色的美丽沙滩。蓝天和白云在东海的水平线上延展着,望不到边际。一望无垠的蓝天,美丽的珊瑚海,白色的沙滩,好一幅美丽的自然风景画。站在这里,还能感受到清爽的海风。因为眼前的这美景很感动。

8.jpg
我们像孩子一样在沙滩上玩耍着,很开心。这里真是能让人放松的好地方。
私たちはビーチで子供のように楽しく遊びました。とても楽しかったです。リラックスできる場所です。

这里也是古时候遣唐使停泊的地方以及日本本土和海外诸国联系的海上交通要塞。并且,很多电影的拍摄地也是在这里。
ここも古く遣唐使の寄港など日本本土及び海外諸国とを結ぶ海上交通の要衝でした。そして、映画の撮影に数多く利用されています。

冲永良部的人们−−质朴而又热情
沖永良部島の人――素朴で厚い人情

在冲永良部的旅行中,当我们找不到想去的地方时,只要向当地人问路,他们都会不厌其烦很热情很耐心地给我们指路。我们还在知名町以及和泊町的公务所就这次取材旅行所见所感做了报告。公务所的人很认真倾听了我们的报告。
沖永良部島旅行中、目的の場所がわからなくなってしまった時、地元の人に聞いたら、必ず何度も何度も丁寧に教えてくれました。そして、私たちは知名町と和泊町の町役場で今度の取材旅行について感じたことなどを報告をしました。町役場の人たちは真面目に私たちの報告を聞いてくれました。

在我们回去的飞机即将离陆的时候,我们竟然发现和泊町公务所的安田先生在屋顶上一直在向我们招手,直到飞机飞到上空,再也看不到。安田先生特地来机场送我们,又是以这样的方式,真的真的超级感动。感觉好像电视中的情景,竟然也会发生在自己的身上。
飛行機が離陸した時、和泊町役場の安田さんが屋上で手をふるっているのが見えました。私たちをわざわざ見送りにきてくれたのでした。とても感動しました。なんだかドラマのような情景でした。

冲永良部岛是个很有历史文化底蕴的岛,有着美丽的风景,有着热情而又淳朴的人们。决定旅途印象的并不仅仅是风景,与人的邂逅也很重要。在冲永良部岛的这三天旅行真的超级快乐。我们都不想回去了。冲永良部岛对于我而言,是世外桃源,好想好想一直生活在这里。不管怎样的分别,其中的邂逅一定是有意义的。想到这句话,现在的我已经不是很难过了。我一定会好好珍惜这次宝贵的经历,把这次美丽而又感动的经历分享给自己的家人及朋友。下次有机会的话,我还想回到这里。
沖永良部島は長い歴史があり、美しい景色があり、優しい人がいます。旅の印象を決めるのは美しい景色だけでなく、人との出会いも大切です。沖永良部島の三日間の旅はとても楽しかったです。もう帰りたくなかったです。沖永良部島は私にとっての桃源郷で、ずっとここに暮らしたいです。どんな別れがあったとしても、出会ったことには必ず意味があります。ですから、今の私はもうあまり悲しくありません。今度の貴重な体験を大切にして、必ず家族と友達に伝えたいと思います。今度チャンスがあれば、またここに帰ってきたいです。


(图文/ldx)
posted by TEAM IT at 00:46| Comment(0) | 日記

2012年12月07日

いいふしツアーの体験(二)

吃的饱饱地,下午是枕崎市的漫步活动。怎样的美景在等待着我们呢?心里很是期待。
いっぱい食べて、午後は「いいふし」街歩きでした。どんな素晴らしい景色が私たちを待っているのでしょうか?とても楽しみです。

鹿儿岛萨摩半岛的最南端就是枕崎市。枕崎市受日本暖流影响水产业很发达,得益于太阳的恩惠,农业很发达。我们首先到达的是枕崎站。
鹿児島の薩摩半島の最南端は枕崎です。枕崎は黒潮の恵みを受けた水産業と太陽の恵みを受けた農業が盛んです。私たちがまず着いたところは枕崎駅です。
21.jpg

日本铁路最北的车站是稚内站。我想,知道这个的人应该很多。那么,日本铁路最南的车站是?答案是枕崎站。枕崎站是只有站台,没有候车室的无人站。能到达日本最南端的始发・到达站,感到很荣幸。不得不拍照留念一下O(∩_∩)O~
日本の鉄道の最北端の終着駅は稚内駅です。これをご存じの方は多いと思います。日本の鉄道の最南端の終着駅はどの駅だと思いますか?答えは、枕崎駅でーす(*´∀`*)。枕崎駅は、ホームだけしかない無人駅です。日本の最南端の始発・終着駅に来られて、とても光栄だと思います。やっぱり記念写真を撮らなければなりません。
22.jpg

接下来去了音乐教室。在音乐教室欣赏了精彩的演唱。特别是后来的个别演唱曲目中,他们没有使用乐器,而是用自己的嘴模仿乐器的声音的演唱,让我很佩服。之前都是在电视上看到的,没想到自己在现实生活中也能欣赏到这么精彩的表演。很精彩的表演,很震撼人心。无论什么时候,音乐都是能治愈心灵的。
次に音楽教室に行きました。音楽教室で素晴らしい歌を楽しみました。特に楽器を使わないで、自分の口で楽器の音を真似して歌う、歌い方に驚きました。本当に素晴らしいと思います。迫力がある演奏です。どんな時でも、音楽は人の心を癒すことができます。

24.jpg
接下来去了明治藏参观学习。明治藏是制作烧酒历史悠久的酒库,介绍烧酒的历史和以前的制作方法的资料馆。这里的招牌烧酒“白波”,在全国都很有名。在馆内用人偶模型等简单易懂地向我们介绍了历史悠久的烧酒的制作方法。商店里陈列着只有在这里才买得到的贵重商品,当然也提供试饮。我最喜欢的就是梅酒,相当地美味O(∩_∩)O~
それから、明治蔵を見学しました。明治蔵は焼酎を作っている歴史ある酒蔵で、焼酎の歴史や昔ながらの製造法を教えてくれる資料館です。ここの看板ブランド焼酎「白波」は、全国でとても有名です。館内は、歴史が感じられる古い作りで、説明用の人形があり、焼酎の作り方が分りやすく説明されています。ショップにはここでしか買えない焼酎など貴重な商品が並んでいて、試飲もできます。私が一番気にいったのは梅酒です。すごく美味しかったです。
23.jpg

还是忍不住要拍照片留念,哈哈O(∩_∩)O~
やっぱり記念写真を撮らなけれななりません(*´∀`*)

25.jpg
之后我们去了枕崎港。枕崎的鲣鱼的远洋捕捞和干制鲣鱼在日本是第一位。在这里能欣赏到捕鱼归来后把货物送上岸的风景。
その後、枕崎港に行きました。枕崎の遠洋カツオの水揚げとかつお節の生産量は日本一です。ここで、迫力ある水揚げ風景が見られます。
26.jpg

差不多要回去了。在此,要对枕崎接待我们的志愿者们表达下感谢:谢谢你们这么热心地给我们当向导,真的很感谢,今天很开心O(∩_∩)O~
そろそろ帰る時間です。枕崎のボランティアの皆さんに感謝したいと思います。丁寧にご案内していただいて、本当にありがとうございました。とても楽しかったです。

(图文/ldx)
posted by TEAM IT at 00:01| Comment(0) | 日記

2012年12月01日

いいふしツアーの体験(一)

11月24日是“上好鱼干节”,鱼干就是鲣鱼干的意思。鹿儿岛枕崎市的干制鲣鱼的生产量在日本是第一位,枕崎市今年开始把11月24日定为鲣鱼纪念日,为此推出了免费体验活动。我们也有幸参加了这个活动。早上9点从鹿儿岛中央站乘坐免费巴士,用了将近一个半小时到达了枕崎市。
11月24日は「いいふしの日」です。「ふし」とはカツオ節の「節」のことで、「いいふし」とは「良いカツオ節」の意味です。カツオ節生産日本一の枕崎市が今年から制定した記念日で、それに合わせて体験ツアーがあり、私たちも参加してきました。朝9時に鹿児島中央駅から無料バスに乗って、1時間半がかかって、やっと枕崎に着きました。

首先是汤汁和鲣鱼饭的制作体验。在此,我想在这里简单介绍一下汤汁和渔民鲣鱼饭的制作方法。
まず、出汁作り教室と枕崎の「鰹船人めし」作りの体験でした。このツアーで学んだ、出汁作りと「鰹船人めし」の作り方について紹介したいと思います。

汤汁的制作方法:
1、材料的准备:削干制鲣鱼的机器、干制鲣鱼、海带、盐、淡酱油
2、(1)用削干制鲣鱼的机器削干制鲣鱼
(2)水中加入海带,用中火煮。几分钟后取出海带
(3)加入削好的干制鲣鱼末,用中火煮。30秒后,把火关掉,过滤掉放进去的鲣鱼末,汤汁算是做出来了。品尝味道。
(4)加入盐,品尝味道
(5)加入淡酱油,品尝味道
(6)称得上生产量日本第一的鲣鱼的汤汁制作完成O(∩_∩)O~
PS:根据加入的盐和酱油的量的不同,味道也略有不同。


出汁の作り方:
1、材料の準備:鰹節削り器、鰹節、昆布、塩、薄口醤油
2、(1)鰹節削り器で鰹節を削ります。
(2)水の中に昆布を入れて、中火にかける。数分後昆布の旨さが十分にできて、昆布を取り出す。
(3)削ったおかかを入れて、中火にかける。30秒後、火を止める。おかかを濾して、出汁が一応出来上がる。味を味わう。
(4)塩を入れて、味を味わう。
(5)薄い口醤油を入れて、味を味わう。
(6)日本一の生産量を誇る最高級な枕崎鰹節の出汁が出来上がる(*´∀`*)
Ps:入れた塩と醤油の分の違いによって、味はちょっと違います。

1.jpg
认真地学习中
真面目に勉強中
2.jpg
努力地削干制鲣鱼
一生懸命に鰹節削り器で鰹節を削っています
3.jpg
削好的干制鲣鱼末
削ったおかか
4.jpg
品尝做好的汤汁
出来上がった出汁を味わう。

说到枕崎,鲣鱼很有名。过去渔民把钓上来的鲣鱼在船上进行简单加工后,放在饭上食用,鲣鱼饭就是由此得到的启示。枕崎的“渔民鲣鱼饭”在2011年S-1比赛中获得了最优秀奖,是枕崎的新的乡土料理。
枕崎といえば、「鰹」で有名です。船人は漁師のことです。枕崎の「鰹船人めし」とは、昔漁師が、釣ったかつおを船上で捌き、ごはんに豪快にのっけて食べたことからヒントを得て誕生しました。この「鰹船人めし」は、2011年S-1グランプリを受賞した、枕崎の新名物料理です。

鲣鱼饭的制作方法:在碗里加入米饭,然后在米饭上放上鲣鱼末、海苔、梅干、葱末、鲣鱼的颗粒状生鱼片、煎饼,最后加入一开始制作出来的汤汁,鲣鱼饭就做好了。根据自己的喜好,也可以加入芥末。
鰹船人めし作り方:飯茶碗の中にごはんを入れて、そして、おかか、のり、梅干、葱、ぶえん鰹、鰹煎餅をのせて、最後に、最初に作っておいた出汁をかけて、「鰹船人めし」の出来上がりです。自分の好みで、わさびを入れることもできます。

6.jpg
鲣鱼饭和鲣鱼、大蒜在一起吃,很有风味,味道相当不错。
「鰹船人めし」は、鰹とにんにくと一緒に食べて、風味豊かで上品な味わいです。

来鹿儿岛后,这次还是第一次吃鲣鱼饭。通过这次的体验,能吃到美味的汤汁和鲣鱼饭,真的感觉很幸福。我会一直好好珍藏这次宝贵的体验的。
鹿児島に来てから、「鰹船人めし」を初めて食べました。今度の体験を通して、出汁と「鰹船人めし」の旨さを味わうことができて、本当に幸せです。この素晴らしい体験を大切にします。

(图文/ldx)
posted by TEAM IT at 01:06| Comment(0) | 日記