2012年12月15日

沖永良部島へめんしょり(一)


冲永良部岛是个什么样的岛呢?
沖永良部島ってどんな島ですか?


因为这次的取材调查,我第一次知道冲永良部岛。「めんしょり」这句话是冲永良部的方言,意思是“欢迎光临”。在取材前,我事先查阅了有关冲永良部的信息,也因此知道了「めんしょり」这句话的意思。冲永良部岛的主页很可爱,而且详细介绍了冲永良部岛的观光信息。在这里我想简单介绍下从主页上知道的关于冲永良部的信息。
今回の取材をきっかけにして、沖永良部島のことを初めて知りました。「めんしょり」というのは沖永良部島の言葉で「ようこそ」という意味です。今回、取材をする前に、沖永良部島のことを事前に調べ、「めんしょり」という言葉の意味を知りました。沖永良部島のホームページはとても可愛くて、そして観光の情報について詳ししく紹介されています。ホームページの内容から、少し沖永良部島の情報について紹介します。

冲永良部岛是位于鹿儿岛市向南552km,冲绳本岛向北60km,北纬27度上的珊瑚岛。周长55.8km,面积93.8km2 。由和泊町和知名町组成,人口约1万4千多人。从鹿儿岛乘飞机用时1小时10分到达,从奄美乘飞机35分钟到达,从冲绳乘飞机用时50分钟到达。冲永良部岛因为是珊瑚隆起而形成的岛,因此并没有像奄美、コ之岛以及冲绳等地那样有毒蛇。也因此冲永良部岛的农业很发达。冲永良部岛隶属奄美,很靠近冲绳的北部,因此兼具冲绳文化以及鹿儿岛的文化特色,可以说是某种意义独特的岛。
沖永良部島は鹿児島市から南へ552km、沖縄本島から北へ60km、北緯27度線の上に浮かぶ隆起珊瑚礁の島です。周囲55.8km、面積93.8km2です。和泊町と知名町からなり、人口約1万4千人あまりです。鹿児島から飛行機で1時間10分、奄美から飛行機で35分、沖縄からセスナで50分かかります。沖永良部島はもともと珊瑚礁が隆起してできた島ですから、奄美や徳之島、沖縄地方などに生息しているハブは沖永良部島にはいません。ですから、沖永良部島の農業は発達しています。奄美諸島に属しており、沖縄のすぐ北ということもあり、沖縄の文化と鹿児島の文化が入り混じっていますから、ある意味独特な島であるといえます。


追溯历史--冲永良部岛与西乡隆盛
歴史に遡るーー沖永良部島と西郷隆盛


冲永良部岛在琉球王朝的时代属于其中的一部分。1609年,冲永良部岛被萨摩藩占领。1862年,西乡隆盛因为触犯了当时掌握萨摩实权的岛津久光,被流放到了冲永良部岛。
沖永良部島は琉球王朝時代にその王国の一部でした。1609年に、薩摩藩に占領されました。1862年、西郷隆盛は薩摩藩の国父・島津久光の怒りに触れ、沖永良部島に流罪となりました。


111.jpg
这里就是西乡隆盛当时登陆的伊延港。这个伊延港现在是沖永良部主要的港口之一。因为台风等天气船只无法靠近和泊港的时候,就会使用伊延港。绿色的海水美丽极了,震人心魄。
ここは西郷隆盛上陸地の伊延港です。この伊延港は沖永良部の主要な港の1つです。台風などで、和泊港に船が接岸できない場合には、この伊延港が使われます。緑の海はとても美しく、迫力があります。

112.jpg
这条路是西乡隆盛登陆后前往和泊的牢房所走的路。并且还在这里小憩了一下。
この道は西郷隆盛は上陸の地から和泊の牢屋へ歩いた道です。そしてここで、一休みしました。

113 (2).jpg
西乡隆盛在上图所示的地方度过了一年6个月的牢狱生活。要饱受夏天的酷暑以及蚊子,冬天凛冽的寒风。但是就是在这种极端恶劣的条件下,西乡隆盛依然正襟危坐孜孜不倦地读书,追求学问。聚集牢外的少年传授古今圣贤之道。此外,还教授当地人们备荒储粮之法。敬天爱人的思想也是在这里完成的,成为冲永良部岛发展的基础。冲永良部岛的人很是尊敬西乡隆盛。
西郷隆盛はここで一年6か月牢屋生活を送りました。夏は猛暑と夜蚊に悩まされ、冬は海からの寒風にさらされました。こんな限界の状態で、西郷隆盛は牢中に正座して読書に耽り、囲外に少年たちを集めて古今聖賢の道を談じました。そして、凶年に飢きんに備えての社倉法を教えました。敬天愛人の思想も、この地で完成されて、沖永良部島発展の基をなしています。西郷隆盛は沖永良部島の人々に大変愛されています。


冲永良部到的休闲乐园−−笠石海滨公园
沖永良部島のレジャーランド――笠石海浜公園

DSCF1031_副本.jpg
我们去了笠石海滨公园。奇特的岩石从某个角度看上去就象一顶斗笠,因此这个公园取名为笠石海滨公园。以自然为中心的广阔公园,有野营场,户外烧烤的等的场所,并且会在这里举行各种各样的活动。每年3月举行的长跑大会,笠石海滨公园就是其中的主要场所。夏天的时候会开设海水浴场,因此前来这里的人很多,很是热闹。
私たちは笠石海浜公園に行きました。笠石海浜公園は、奇岩が見る角度により「笠」に似ているという事から、笠石海浜公園と命名されました。自然を中心にした広い公園で、キャンプ場、バーベキュー場施設があり、いろいろなイベントはここで行われます。毎年3月には沖えらぶジョギング大会が開催されており、メイン会場となっています。夏には海水浴場が開設されます。夏には海水浴に来た人たちで賑やかになります。

公园里也有展望台。展望台的外观很独特,是根据冲永良部岛有名的百合花设计而成的。很可爱吧O(∩_∩)O~从展望台不仅能瞭望到公园的全景,还能饱览湛蓝的太平洋的浩瀚风景。
公園に展望台があります。展望台の外観は少しユニークな形をしています。デザインは「えらぶユリ」から発想されているということです。展望台から公園の全景はもとより、紺碧に輝く太平洋を見渡すことができます。

在这里,既可以和朋友以及家人进行身体锻炼,尽情玩耍,也可以静静地享受自然风光,是可以进行多种利用的场所。真不愧是休闲乐园
友達や家族と体を動かしたり、のんびりしたりできるので、とても自由度の高い場所です。さすがレジャーランドです。

冲永良部岛的海以及海滩−−湾门海滩
沖永良部島の海とビーチーーワンジョビーチ



DSCF1155_副本.jpg
沖永良部島は珊瑚礁が隆起してできた島ですから、ここの珊瑚の海はとても綺麗です。海はとても澄み切っていて、海の色はグラディエーション豊かに変わっていきます。ワンジョビーチは白い砂が広がる美しいビーチです。青い空と白い雲が東シナ海の水平線に広がります。東シナ海に広がるすみきった青空,サンゴ礁の美しい海と真っ白い砂浜が印象的な海岸です。なかなか絵になります。海からの爽やかな風を感じることができます。とても美しい光景に感動してしまいました。

因为冲永良部岛是珊瑚隆起形成的岛,这里的珊瑚海超级漂亮。海水不仅清K见底,而且颜色富于变化。湾门海滩是白色的美丽沙滩。蓝天和白云在东海的水平线上延展着,望不到边际。一望无垠的蓝天,美丽的珊瑚海,白色的沙滩,好一幅美丽的自然风景画。站在这里,还能感受到清爽的海风。因为眼前的这美景很感动。

8.jpg
我们像孩子一样在沙滩上玩耍着,很开心。这里真是能让人放松的好地方。
私たちはビーチで子供のように楽しく遊びました。とても楽しかったです。リラックスできる場所です。

这里也是古时候遣唐使停泊的地方以及日本本土和海外诸国联系的海上交通要塞。并且,很多电影的拍摄地也是在这里。
ここも古く遣唐使の寄港など日本本土及び海外諸国とを結ぶ海上交通の要衝でした。そして、映画の撮影に数多く利用されています。

冲永良部的人们−−质朴而又热情
沖永良部島の人――素朴で厚い人情

在冲永良部的旅行中,当我们找不到想去的地方时,只要向当地人问路,他们都会不厌其烦很热情很耐心地给我们指路。我们还在知名町以及和泊町的公务所就这次取材旅行所见所感做了报告。公务所的人很认真倾听了我们的报告。
沖永良部島旅行中、目的の場所がわからなくなってしまった時、地元の人に聞いたら、必ず何度も何度も丁寧に教えてくれました。そして、私たちは知名町と和泊町の町役場で今度の取材旅行について感じたことなどを報告をしました。町役場の人たちは真面目に私たちの報告を聞いてくれました。

在我们回去的飞机即将离陆的时候,我们竟然发现和泊町公务所的安田先生在屋顶上一直在向我们招手,直到飞机飞到上空,再也看不到。安田先生特地来机场送我们,又是以这样的方式,真的真的超级感动。感觉好像电视中的情景,竟然也会发生在自己的身上。
飛行機が離陸した時、和泊町役場の安田さんが屋上で手をふるっているのが見えました。私たちをわざわざ見送りにきてくれたのでした。とても感動しました。なんだかドラマのような情景でした。

冲永良部岛是个很有历史文化底蕴的岛,有着美丽的风景,有着热情而又淳朴的人们。决定旅途印象的并不仅仅是风景,与人的邂逅也很重要。在冲永良部岛的这三天旅行真的超级快乐。我们都不想回去了。冲永良部岛对于我而言,是世外桃源,好想好想一直生活在这里。不管怎样的分别,其中的邂逅一定是有意义的。想到这句话,现在的我已经不是很难过了。我一定会好好珍惜这次宝贵的经历,把这次美丽而又感动的经历分享给自己的家人及朋友。下次有机会的话,我还想回到这里。
沖永良部島は長い歴史があり、美しい景色があり、優しい人がいます。旅の印象を決めるのは美しい景色だけでなく、人との出会いも大切です。沖永良部島の三日間の旅はとても楽しかったです。もう帰りたくなかったです。沖永良部島は私にとっての桃源郷で、ずっとここに暮らしたいです。どんな別れがあったとしても、出会ったことには必ず意味があります。ですから、今の私はもうあまり悲しくありません。今度の貴重な体験を大切にして、必ず家族と友達に伝えたいと思います。今度チャンスがあれば、またここに帰ってきたいです。


(图文/ldx)
posted by TEAM IT at 00:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: