2012年12月20日

沖永良部島へめんしょり(三)

沖永良部の旅行で一番よかったのは青い綺麗な海を見れたことです。小さい頃から海が大好きでしたが、私が生まれ育った地域には海がありません。だから、今回、沖永良部で青い海をみることができてとても興奮しました。
这次冲永良部的旅行最棒的就是看到了美丽的蔚蓝色的大海。从小就喜欢海,可是我的老家不是沿海地区,所以这次真的很兴奋。 
では、知名町の三つの観光地を紹介し、皆さんと沖永良部の良さを分かち合いたいと思います。   
那么,我就来给大家介绍下知名町的三个景点,和大家一起分享魅力十足的冲永良部之旅。   
 最初は昇竜洞(SHORYUDO-CAVE)です。鹿児島県の天然記念物に指定されている昇竜洞は悠久幾千年、暗黒の地底に展開している大鍾乳洞です。昭和38年に発見され同年3500メートルのうち600メートルが一般公開されました。地下水がサンゴ石灰石を溶解し、一滴、一滴の雫(しずく)がつくり出した大自然の彫刻です。天井から無数に垂れ下がる銀白色の鐘乳石は、東洋一といわれる美しさで、サンゴの海から生まれたその変容は、日本本土の鍾乳洞とは趣が異なります。大きな凹地の底から降りて洞内へ入って行くのですが、進んで行くにつれて暗くて怖かったですが、照明の下、綺麗な石が輝いていて、ダイヤモンドが敷き詰められているのではないかと思うほどでした。とても神秘的な印象を受け、まるで別世界に行ったような気がしました。ここの鍾乳石の種類の多さと美しさに感動しました。日本国内で屈指の鍾乳洞だと思います。   
首先是升龙洞。悠悠几千年,在K暗的地下展开的大型钟乳洞升龙洞,被誉为鹿儿岛县的天然纪念物。于昭和38年被发现,全长3500米,其中600米对游客公开。地下水将珊瑚石灰石溶解,一滴一滴得积攒形成,其形状出自大自然的雕刻。从洞顶自然垂下的无数银白的钟乳石,可称为东阳第一美,与日本本土的钟乳洞不同,升龙洞是由珊瑚海变迁而来,因此别有一番趣味。沿着大型凹地的底部进入洞内,随着行进,愈发K暗恐怖,但是灯下的钟乳石闪闪地发着光,仿佛镶嵌着无数细细碎碎的宝石一般。洞中神秘的氛围,使人恍若置身另一个世界。这里钟乳石繁多且秀美,令人难以忘怀,应该是日本国内屈指可数的钟乳洞吧?
DSCF1081.JPGDSCF1094.JPG   
 ウジジ浜は上部がふくらんで傘のようになった奇岩が立ち並ぶ岩礁海岸です。これは、石灰質の岩が、長い年月にわたって波や海水の化学物質による侵食を受けてできたものです。沖合は遠浅のため、絶好のダイビングポイントにもなっています。ウジジ浜に奇岩がいっぱいあって、見る角度によって動物や植物の形に見えます。岩の道は歩きにくかったですが、できるだけ海の近くに行たかったので、頑張って歩きました。まるで冒険しているような気持ちになってとても楽しかったです。ウジジ浜から眺める夜明けは言葉を失うほど絶景だと聞きました。今回見は、残念ながら見ることができませんでしたので、今度中国の家族と一緒に見に来たいと思います。
   ウジジ浜上部的岩石像撑开的伞一样,并立在岩礁海岸。这是由于石灰质岩石,长年受到海水中的化学物质的侵蚀而形成的。由于冲击的远近高低,形成了极好的潜水点。ウジジ浜有很多奇岩,随着角度的不同会呈现出各种动物或植物的形状。岩石路虽难走,但是想尽量地去接近大海,我努力的向前走着。简直就像冒险一样,非常有趣。听说黎明时从ウジジ浜眺望,此时景色美到无法言喻!这次我没有看到很可惜,下次希望能和住在中国的家人一起来观赏!
DSCN1118.JPGDSCN1091.JPG   
 最後は沖永良部島北西端に位置する屈指の景勝地「田皆岬」です。車から降り、なだらかな芝生の斜面を海の方向へと下りていくと、高さ40メートルの垂直な断崖絶壁や、珊瑚の奇岩怪石が一面に点在しています。ここの見所は何と言ってもその隆起サンゴ礁の絶壁から望むことが出来る紺碧(青というイメージではない)の海だと思います。水深の浅い手前側はサンゴが見られ、カクテルのような透明感のあるコバルトブルーから深くなるにつれその紺碧さを増していきます。雄大なパノラマに同行者一同感激しました。
   最后去的是位于冲永良部岛北西端的屈指可数的景点“田皆岬”。从车上下来,平坦的草坪形成一个向下的斜坡,顺着斜坡的向下能够看到,40米高垂直的断臂悬崖和奇岩怪石。要说这里最吸引人的就是,从隆起的珊瑚礁形成的绝壁眺望到的湛蓝色(并不是平常那样的蓝色)的大海。在身边水浅的地方能够看到珊瑚,像透明的鸡尾酒那般从碧蓝渐变为深蓝。同行者都被这壮丽的全景所震惊。
DSCF1411.JPGDSCF1407.JPG
 三日間の旅はあっという間で、綺麗な景色と離れたくなかったです。また中国にいる家族と一緒に遊びに行きたいと思います。
三天的旅行转眼间就过去了,可是我并不想与这美景分别。我希望下次能够跟中国的家人一起来玩!
posted by TEAM IT at 00:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: