2014年01月15日

楽しかったお正月

西历1月初是日本的新年,作为冬半年来的留学生,我们有幸在异国体验了一下新年的气氛。同时,也趁着寒假休息的时间,出门游玩了一下,度过了一个愉快的新年。

西歷1月初是日本的新年,作為冬半年來的留學生,我們有幸在異國體驗了壹下新年的氣氛。同時,也趁著寒假休息的時間,出門遊玩了壹下,度過了壹個愉快的新年。


西暦の1月は日本のお正月になります(中国のお正月は陰暦で祝います)。後期に来た留学生として、初めての外国での年越し、日本のお正月の雰囲気を体験しました。そして、冬休みのうちに、あっちこっちに遊びに行って、楽しかった時間を過ごしました。



日本新年的第一天叫做元吉,这一天大家有件最重要的事,那就是初参拜,即新年里第一次到神社或者寺庙里拜神祈福。当我们来到鹿儿岛市最大的神社−−照国神社前,那景象真是蔚为壮观。神社前的参道两侧像是有祭典时一样摆起了各种美食小摊,路中间是从神社最里面排起来的长长的参拜队伍。虽然排队的人相当之多,但大家都耐心的等待着,这对他们来说是一件十分重要而神圣的事情,每个人都怀着虔诚的心,希望在新的一年里为家人和朋友祈求平安和幸福。

日本新年的第壹天叫做元吉,這壹天大家有件最重要的事,那就是初參拜,即新年裏第壹次到神社或者寺廟裏拜神祈福。當我們來到鹿兒島市最大的神社−−照國神社前,那景象真是蔚為壯觀。神社前的參道兩側像是有祭典時壹樣擺起了各種美食小攤,路中間是從神社最裏面排起來的長長的參拜隊伍。雖然排隊的人相當之多,但大家都耐心的等待著,這對他們來說是壹件十分重要而神聖的事情,每個人都懷著虔誠的心,希望在新的壹年裏為家人和朋友祈求平安和幸福。

日本では、一月一日が元日と呼ばれます。この日、日本人にとって、最も重要なことは初詣と言えます。友達と一緒に鹿児島市照国神社に行きましたが、大勢の人が集まっていました。参道の両側に露店が出ていて、神社の奥からすごく長い列が続いています。待つ時間が非常に長いけど、みんな辛抱強く待っています。初詣は日本の皆さんとっては大事なことなので、絶対に新年の始めに家族や友人のために平安と幸せをお祈りします。

见识了参拜的热闹景象,我们决定向另一个目标进发,那就是坐落在照国神社背后的山丘−−鹿儿岛城山。城山也是一处历史遗迹,它是日本西南战争的激战地;登上山丘还可以眺望到鹿儿岛市区和樱岛的景色呢。

見識了參拜的熱鬧景象,我們決定向另壹個目標進發,那就是坐落在照國神社背後的山丘−−鹿兒島城山。城山也是壹處歷史遺跡,它是日本西南戰爭的激戰地;登上山丘還可以眺望到鹿兒島市區和櫻島的景色呢。

初詣の賑やかさを見た後、照国神社の後ろに位置する城山に登りました。城山は鹿児島の一つの遺跡で、西南戦争の激戦地です。山頂に登ったら、鹿児島市内の景色を眺めることができて、桜島も見えますよ。

现在的城山修建有自然步道,可供大家攀爬游览。走在步道上,四周被山上茂密的自然植被环绕,鸟儿在林间穿梭,鸣叫声清脆悦耳,冬日的阳光透过树叶缝隙照出斑驳的树影,温暖而静谧。山路虽不算陡峭,却也曲折,缺乏锻炼的我走了一段就有些气喘吁吁了;而身边不断经过的锻炼的人们却能跑步行进,精神抖擞,不禁让我感叹佩服呀。

現在的城山修建有自然步道,可供大家攀爬遊覽。走在步道上,四周被山上茂密的自然植被環繞,鳥兒在林間穿梭,鳴叫聲清脆ス耳,冬日的陽光透過樹葉縫隙照出斑駁的樹影,溫暖而靜謐。山路雖不算陡峭,卻也曲折,缺乏鍛煉的我走了壹段就有些氣喘籲籲了;而身邊不斷經過的鍛煉的人們卻能跑步行進,精神抖擻,不禁讓我感嘆佩服呀。

今の城山には、自然歩道を修築されて自由に観光できます。歩きながら、周りが緑に囲まれて、鳥の鳴き声も聞こえて、冬の日差しが葉っぱのすき間からもれていて、温かくて穏やかな感じがあります。山道はそんなに急ではありませんが、曲がりくねっています。運動不足の私は、少し登っただけでくたくたになってしまいましたが、たまに出会ったジョギングをしている人達は、元気で走っていて、本当に感心しました。

140115a.JPG

终于到达了山顶的展望台,放眼望去,鹿儿岛市区的景色尽收眼底;对面就是鹿儿岛湾的海面和著名的樱岛火山。久违的看到这样开阔的景象,真是心情大好~~

終於到達了山頂的展望臺,放眼望去,鹿兒島市區的景色盡收眼底;對面就是鹿兒島灣的海面和著名的櫻島火山。久違的看到這樣開闊的景象,真是心情大好~~

ようやく山頂の展望台に着きました。ここから眺めて、鹿児島都心の全貌が見えて、向こうは紺碧の海と雄大な桜島です。ひさしぶりにこんなに広い景色を見ると、いい気持ちになりますね。

140115b.JPG

在展望台休息时,我们还看到了一些可爱的小猫。在日本,大家似乎都很喜欢小猫,看到它们大家都亲昵地和他们打招呼,给小猫拍照。而日本的猫咪们也很有特点,似乎不怎么怕生的,十分通人性且温顺。

在展望臺休息時,我們還看到了壹些可愛的小貓。在日本,大家似乎都很喜歡小貓,看到它們大家都親昵地和他們打招呼,給小貓拍照。而日本的貓咪們也很有特點,似乎不怎麽怕生的,十分通人性且溫順。

展望台で休憩したとき、どこからか来た可愛いねこちゃんが目に入りました。日本では、みんなねこが好きで、猫を見ると、呼びかけながら、写真を撮っているのをよくみます。そして、日本の猫は特徴があって、人見知りしなくて、非常におとなしいです。
140115c.JPG

看,这只小猫是不是像模特一样很有镜头感呢~
140115d.JPG
返回时,我们选择了和上山时不一样的路线。从这里会经过西乡隆盛洞窟,又是一处遗迹呢。这条路应该是汽车行驶的路线,通往展望台以及其他景点的路标都标示的很清楚,所以不管是步行观光还是驾车自助游,这城山都是个方便的好去处呢~

返回時,我們選擇了和上山時不壹樣的路線。從這裏會經過西鄉隆盛洞窟,又是壹處遺跡呢。這條路應該是汽車行駛的路線,通往展望臺以及其他景點的路標都標示的很清楚,所以不管是步行觀光還是駕車自助遊,這城山都是個方便的好去處呢~

城山を降りるときは、登った時とは別の道を通って帰りました。途中には、西郷隆盛洞窟とういう遺跡があります。この道には、展望台や観光スポットへの通路標識がはっきりと示されてから、わかりやすいです。歩いての観光でも、車での観光でも、城山はとてもいいところですね。
140115e.JPG


正月的又一天,天气甚好,我们去到了位于鹿儿岛市南部的平川动物园。说道动物园,似乎是儿时的记忆了,这次和小伙伴们一起去重温那让人怀念的地方,真是再开心不过了~~

正月的又壹天,天氣甚好,我們去到了位於鹿兒島市南部的平川動物園。說道動物園,似乎是兒時的記憶了,這次和小夥伴們壹起去重溫那讓人懷念的地方,真是再開心不過了~~

そして、お正月のある日、友達と一緒に鹿児島市平川動物園に行きました。動物園と言ったら、子供の頃の記憶でしょう。久しぶりに懐かしいところに行って、とても嬉しかったね。
140115f.JPG

平川动物园很大,按照动物的出身地或者种类把它们合理地分布在各个区域,有“非洲草原”,“印度森林”,等等。在平川动物园里除了一些比较凶猛的大型兽类外,很多动物都是半自然的放养状态,游客可以近距离的看到这些可爱的动物们。在那里,我们很幸运的看到了鸵鸟求爱的场景,还有高高的长颈鹿,帅气的斑马,笨笨的河马,各种鸟类,还有很多我叫不上名字的动物,种类繁多呀。

平川動物園很大,按照動物的出身地或者種類把它們合理地分布在各個區域,有“非洲草原”,“印度森林”,等等。在平川動物園裏除了壹些比較兇猛的大型獸類外,很多動物都是半自然的放養狀態,遊客可以近距離的看到這些可愛的動物們。在那裏,我們很幸運的看到了鴕鳥求愛的場景,還有高高的長頸鹿,帥氣的斑馬,笨笨的河馬,各種鳥類,還有很多我叫不上名字的動物,種類繁多呀。

平川動物園は非常に広くて、動物の出身や種類によって、様々なゾーンに分かれていて、アフリカの草原とか、インドの森とか、いろいろあります。平川動物園の中には、大きな獣を除いて、ほとんどの動物が放し飼いの状態になっていて、可愛い動物を近い距離で見ることができます。そこで初めてダチョウが求愛する場面を見て、背の高いキリン、シマウマ、大きなカバなど、名前を知らない動物もいっぱいありますね。

140115g.JPG

来到K猩猩的宿舍时,恰好碰上它们的午饭时间。饲养员一边给我们讲解K猩猩相关的知识,一边给他们喂食。他们的食物看起来很不错呢,营养均衡;而且还有酸奶和黄瓜,让我感到很新奇。

來到K猩猩的宿舍時,恰好碰上它們的午飯時間。飼養員壹邊給我們講解K猩猩相關的知識,壹邊給他們餵食。他們的食物看起來很不錯呢,營養均衡;而且還有酸奶和黃瓜,讓我感到很新奇。

チンパンジーの舎に着いたとき、ちょうど彼らのランチタイムになりました。飼育係が餌をやりながら、チンパンジーのことを教えてくれました。チンパンジーに対して、栄養バランスを考えなければいけないので、食べ物の中にヨーグルトときゅうりもありますよ。

140115h.JPG

不过饲养员说,K猩猩也像人类一样有不同的食物喜好,比如这只K猩猩就不太喜欢吃黄瓜呢。

不過飼養員說,K猩猩也像人類壹樣有不同的食物喜好,比如這只K猩猩就不太喜歡吃黃瓜呢。

ところが、飼育係によると、チンパンジーは人間のように食べ物の好みがあるそうです。ほら、彼はきゅうりが苦手ですね。
140115i.JPG

很幸运的又碰上了企鹅们出游的时间,来自南极的小家伙们已经适应了这里的环境,十分健康活泼,走路时一摇一摆的样子实在是太萌了~

很幸運的又碰上了企鵝們出遊的時間,來自南極的小家夥們已經適應了這裏的環境,十分健康活潑,走路時壹搖壹擺的樣子實在是太萌了~

また、ペンギンの散歩タイムに会って、ラッキー!(^0^)南極からの彼らはもうここの環境に慣れてきて、ぶらぶらと行ったり来たりして、すっごく可愛いね。(・∀・)

140115j.JPG

和企鹅一样出身于冰雪国度的还有北极熊,他们好像是一对夫妇,十分亲密,憨态可掬。咦,怎么总觉得在哪见过他呢?哈哈,是不是和鹿儿岛市中心天文馆的白熊(鹿儿岛名产刨冰)很像呢。

和企鵝壹樣出身於冰雪國度的還有北極熊,他們好像是壹對夫婦,十分親密,憨態可掬。咦,怎麽總覺得在哪見過他呢?哈哈,是不是和鹿兒島市中心天文館的白熊(鹿兒島名產刨冰)很像呢。

同様に、寒い国から来たのはホッキョクグマです。二人は夫婦みたい、親密ですね。あれ、何だかどこで見たことがあるように感じられますね。ああ、そうだ、鹿児島都心の天文館にある白熊と似ているでしょう。

140115k.JPG

说到还有什么珍奇的动物,就是“白色家族”的动物们了。白色的老虎,白色的狼,还第一次见到了白色的孔雀,真的是美丽又罕见呢。

說到還有什麽珍奇的動物,就是“白色家族”的動物們了。白色的老虎,白色的狼,還第壹次見到了白色的孔雀,真的是美麗又罕見呢。

白い動物がたくさんいて、珍しかったです。ホワイトタイガー、白い狼、白孔雀も初めて見ました。珍しくて、美しいですね。

140115l.JPG


此外,动物园里还有来自澳大利亚的考拉的袋鼠。不过可能是因为错过了路线,没能看到它们。这也成了个念想,以后有机会一定要看看它们呢。
总之,平川动物园的一天真的是充满美好回忆又欢乐的一天呢~


此外,動物園裏還有來自澳大利亞的考拉的袋鼠。不過可能是因為錯過了路線,沒能看到它們。這也成了個念想,以後有機會壹定要看看它們呢。
總之,平川動物園的壹天真的是充滿美好回憶又歡樂的壹天呢~

ここには、オーストラリアからのコアラとカンガルーもいますけど、ルートをミスしたかもしれませんが、見ないで帰りました。もし機会があれば、もう一度見たいですね。
平川動物園での観光した一日は本当に楽しかったです!


140115m.JPG

图文/tang
posted by TEAM IT at 23:43| Comment(0) | 日記

2013年12月10日

お茶いっぱいの日

秋高气爽,阳光明媚,我们在劳动感谢日踏上了与茶为期一天的约会。
说起此次“南九州市茶体验之旅”,想必大家都已经知道了此行的主题−−对,就是与茶的亲密接触~


秋高氣爽,陽光明媚,我們在勞動感謝日踏上了與茶為期一天的約會。說起此次“南九州市茶體驗之旅”,想必大家都已經知道了此行的主題−−對,就是與茶的親密接觸~



天高くさわやかな季節、陽光あふれる勤労感謝の日に、私たちは「南九州市お茶いっぱいの日バスツアー」に参加しました。今回は、その名の通り、お茶についていろいろと学んだり、体験したりすることが目的です。
IMG_6381.JPG



IMG_6386.JPG




大巴从县立短大前出发,沿路不仅播放了对于南九州市−−日本最大的茶叶之乡的介绍短片,让我们对这一天的旅行期待满满,我们还能透过窗户欣赏阳光下波光粼粼美不胜收的锦江湾,一个多小时的车程也不觉得漫长,很快我们就来到了此行的目的地南九州市。


大巴從縣立短大前出發,沿路不僅播放了對於南九州市−−日本最大的茶葉之鄉的介紹短片,讓我們對這一天的旅行期待滿滿,我們還能透過窗戶欣賞陽光下波光粼粼美不勝收的錦江灣,一個多小時的車程也不覺得漫長,很快我們就來到了此行的目的地南九州市。



9時にバスが私たちの短大の前を出発して、道すがら南九州市−−日本最大のお茶の生産地についての紹介ビデオを見ました。私たちはこの日帰り旅行を楽しみにしていました。車窓から見る錦江湾は、青々として、本当にすばらしいものでした。短大から南九州市までの一時間ぐらいの道のりは、あっという間に過ぎていき、このたびの最初の目的地−−畑の郷 水土利館に着きました。


下车后首先迎接我们的是南九州市的吉祥物−−茶侍者。可爱的形象引得大家纷纷合影留念。

下車後首先迎接我們的是南九州市的吉祥物−−茶侍者。可愛的形象引得大家紛紛合影留念。



バスを降りると、南九州市のゆるキャラ−−お茶むらいが迎えてくれました。「あ、かわいい!」と言って、私たち留学生三人はお茶むらいと一緒に写真を撮ってもらいました。o(≧v≦)o~~




IMG_6387.JPG


IMG_6406.JPG


接着我们便来到了茶艺教室,亲切的茶艺老师为我们介绍了茶叶的基本知识、茶具、泡茶的方法、泡茶的注意事项等,还亲自示范教我们怎样泡出一壶美味的茶。


接著我們便來到了茶藝教室,親切的茶藝老師為我們介紹了茶葉的基本知識、茶具、泡茶的方法、泡茶的注意事項等,還親自示範教我們怎樣泡出一壺美味的茶。



私たちが最初に参加したのは、おいしいお茶の淹れ方教室です。やさしい日本茶インストラクターさんから、お茶の種類、茶器、上級煎茶のおいしい淹れ方とその注意点を細かく紹介してもらいました。そして、実際に、私たちにおいしいお茶の淹れ方を実演してくれました。



initpintu_副本.jpg




紧接着便是自己亲自泡茶品茶的时间。看了刚才老师的示范,并在周围工作人员的亲切指导下,我们品着自己泡的茶,陪着日本传统小点心,别有一番风味。中国也是茶叶大国,日本的茶与中国的茶相比,叶细、味浓、色深,处处体现着日本传统的茶道之美。


緊接著便是自己親自泡茶品茶的時間。看了剛才老師的示範,並在周圍工作人員的親切指導下,我們品著自己泡的茶,陪著日本傳統小點心,別有一番風味。中國也是茶葉大國,日本的茶與中國的茶相比,葉細、味濃、色深,處處體現著日本傳統的茶道之美。



次は、自分でお茶を淹れる番です。日本茶インストラクターさんが実演してれたようにお茶を淹れてみました。日本のお茶を淹れたのはこれが初めてでしたが、スタッフの女性が教えてくれたので、おいしいお茶ができました!おいしそうでしょう〜自分が淹れたお茶を飲んで、お菓子のおせんべいを食べて、最高だと思いました。


中国もお茶の大国ですが、日本のお茶は中国に比べて、お茶の葉がより細かくて、色が深く、少し濃い感じがします。小さいお茶一杯にも日本の茶道の精神が含まれています。


茶道的精神有六点,分别为:招待之心、简朴静寂、缺陷之美、一期一会、和气清寂和茶禅一味。这种精神另作为中国人的我也为之敬佩和感动。


茶道的精神有六點,分別為:招待之心、簡樸靜寂、缺陷之美、一期一會、和氣清寂和茶禪一味。這種精神另作為中國人的我也為之敬佩和感動。



茶道の精神を六つのキーワードでまとめてみました。@おもてなしの心、A侘び寂び、B不完全美への傾倒、C一期一会、D和気清寂、E茶禅一味という精神は、中国人の私にとってどれも興味深いものでした。



IMG_6499.JPG



品完茶后我们来到了亲自揉茶制茶环节。揉茶是指在40度到50度的焙炉上,用手反复揉开、揉拌、揉搓茶叶,使茶叶本身的水分蒸发,是最后烘干前的一个重要步骤。看着我们亲自揉成的茶被烘干后被分成小包再回到自己手上,一种自豪感油然而生。


品完茶後我們來到了親自揉茶制茶環節。揉茶是指在40度到50度的焙爐上,用手反復揉開、揉拌、揉搓茶葉,使茶葉本身的水分蒸發,是最後烘乾前的一個重要步驟。看著我們親自揉成的茶被烘乾後被分成小包再回到自己手上,一種自豪感油然而生。



次はお茶の手揉み体験の時間だよ。お茶の手揉みは焙炉と呼ばれる40℃から50℃に加温された台の上で、手で茶葉をほぐす、こねる、揉むなどの作業を行って乾燥させながら煎茶に仕上げてゆくということです。最後にできあがったお茶は小包ごとにつめられて、私たちにプレゼントされました。自分が揉んだお茶を飲むのはなんてうれしいんだろう。上矢印2(^ω^)右矢印2



IMG_6499b.JPG




看着这些小点心是不是很美味呢?他们全部是由茶叶为原料之一制成的哦。我最喜欢的是抹茶布丁,抹茶色的布丁上盖着红豆泥,不仅外形可爱,细细品尝,一股茶的清香与红豆的甘甜味交织,在唇齿间弥漫开来。


看著這些小點心是不是很美味呢?他們全部是由茶葉為原料之一製成的哦。我最喜歡的是抹茶布丁,抹茶色的布丁上蓋著紅豆泥,不僅外形可愛,細細品嘗,一股茶的清香與紅豆的甘甜味交織,在唇齒間彌漫開來。


こちらの写真の料理はおいしそうでしょう。これらの料理には全部、お茶が使われているよ!私が大好きなのは抹茶プリンです〜抹茶色のプリンのうえ、小豆の餡がかけてあって、見ただけで涎が垂れそう。( ̄﹃ ̄)ちょっと食べてみて、抹茶のすがすがしい香りと小豆の甘さが交わって、そして口の中で融けて、おいしかった!



IMG_6499c.JPG




刚才的小点心一下子勾起了我们的食欲,当然时钟也指向了午餐时间。当打开盖子的一瞬间,我们都发出了“啊”的惊叹声。看着这颜色丰富营养均衡的豪华午餐,我们便ー快大快朵颐了起来。


剛才的小點心一下子勾起了我們的食欲,當然時鐘也指向了午餐時間。當打開蓋子的一瞬間,我們都發出了“啊”的驚歎聲。看著這顏色豐富營養均衡的豪華午餐,我們便趕快大快朵頤了起來。



さっきのお茶料理を試食したら、おなかがすいてきました。そろそろランチタイムだよ!お弁当のふたを開けた瞬間、「あ!おいしそう(⊙v⊙)」とみんな感嘆しました。この豪華で、栄養バランス満点のランチを無駄にしないように私たちはいっぱい食べました。


IMG_6499d.JPG




下午的行程就是与大自然的亲密接触啦。此行的目的地就是这里−−美丽的大野岳自然公园。
我们首先来到了大野岳神社,第一次参拜有点紧张,跟着同行的日本朋友学习了参拜的方法。

(1)进入大殿行礼。
(2)投入散钱,摇铃。
(3)深鞠躬两次。
(4)拍手两次。
(5)再鞠一次躬。
(6)最后轻声行礼离开。

下午的行程就是與大自然的親密接觸啦。此行的目的地就是這裡−−美麗的大野岳自然公園。
我們首先來到了大野嶽神社,第一次參拜有點緊張,跟著同行的日本朋友學習了參拜的方法。
(1)進入大殿行禮。
(2)投入散錢,搖鈴。
(3)深鞠躬兩次。
(4)拍手兩次。
(5)再鞠一次躬。
(6)最後輕聲行禮離開。




午後のスケジュールでは自然を満喫しました。目的地はここです−−大野岳自然公園。
まずは大野岳神社に着きました。初めて神社に参拝するので、どきどき緊張しています。日本人の友達に参拝の仕方を教えてもらいました。

(1) 拝殿前に進み出て最初軽くおじぎをする。
(2) お賽銭を入れ、鈴を鳴らす。
(3) 2回深く礼をする。
(4) 2回柏手を打つ。
(5) 1回深く礼をする。
(6) 最後に軽くおじぎをして退く。




IMG_6499e.JPG




再向上走一段便来到了茶寿台阶。茶寿是108岁的别称,在108阶台阶上,每个重要的岁数都会刻上一句话,比如四十岁是“四十不惑”。拾级而上,一边反思自己已走过的人生,一边憧憬着未来,我怀着崇敬的心情小心地迈着每一步。到达山顶眺望广阔的美景时竟然有点感动了。


十一月秋高气爽的日子里从展望台眺望,美景尽收眼底。东面是池田湖和鹿儿岛湾碧波涟涟,西面是开闻山连绵起伏,山脚有南撒台地一望无际,此刻此景,难以言表。深吸一口新鲜的空气,为这大自然赋予美景的鹿儿岛道一声感谢。


再向上走一段便來到了茶壽臺階。茶壽是108歲的別稱,在108階臺階上,每個重要的歲數都會刻上一句話,比如四十歲是“四十不惑”。拾級而上,一邊反思自己已走過的人生,一邊憧憬著未來,我懷著崇敬的心情小心地邁著每一步。到達山頂眺望廣闊的美景時竟然有點感動了。


十一月秋高氣爽的日子裡從展望台眺望,美景盡收眼底。東面是池田湖和鹿兒島灣碧波漣漣,西面是開聞山連綿起伏,山腳有南撒臺地一望無際,此刻此景,難以言表。深吸一口新鮮的空氣,為這大自然賦予美景的鹿兒島道一聲感謝。




ちょっと上に行くと、茶寿階段に着きました。茶寿とは数え年で108歳のお祝いのことです。108段上がる途中の、節目の年には言葉が刻んであります。たとえば、四十歳は不惑−−四十にして迷わずという意味です。人生を振り返りながら未来を夢見ながら、一段一段ゆっくり上がるという信念を持って私は登っていきました。頂上にたどり着いた先に広がる景色を見たとき、私はすごく感動してしまいました。


十一月の晴れた日の展望台からの眺めは、本当に素晴らしいものでした。東方には池田湖や鹿児島湾が青々と水を湛え、南方には開聞岳の山々が連なって見えました。山裾の延びた所には南薩台地などが、一望の下に見下ろせて、その美しい眺めが、私の心を楽しませてくれました。新鮮な空気を思いっきり吸い込んで、自然に恵まれた鹿児島に感謝しました。



IMG_6499f.JPG

IMG_6499g.JPG

IMG_6499h.JPG

最后一站便是参观茶园与试乘采茶机。看照片上的我是不是开得很有模有样呢。哈哈,虽然我有驾照,但一开始还是有点紧张与害怕的。但是经过师傅的耐心指导,我很快就开的得心应手了。


最後一站便是參觀茶園與試乘採茶機。看照片上的我是不是開得很有模有樣呢。哈哈,雖然我有駕照,但一開始還是有點緊張與害怕的。但是經過師傅的耐心指導,我很快就開的得心應手了。



最後は茶園視察と乗用型摘採機の試乗の時間だよ。写真を見ると上手に運転しているように見えるでしょう。私は自動車運転免許証を持っていますけど、摘採機に乗るまえは、ちょっと緊張して、びくびくしていました。でも、おじさんが親切に教えてくれたので、私はだんだん慣れてきて、うまく運転できるようになりました。

IMG_6499i.JPG




一天充实的旅程在夕阳中落下了帷幕,我们依依不舍得与这里亲切的工作人员告别,与这里大自然的美景告别,可是我们却带走了这一天满满的与茶有关的回忆。


一天充實的旅程在夕陽中落下了帷幕,我們依依不捨得與這裡親切的工作人員告別,與這裡大自然的美景告別,可是我們卻帶走了這一天滿滿的與茶有關的回憶。


充実な一日が夕暮れのとともに終わりました。そろそろ親切な人々と美しい景色とのお別れの時間です。でもこの一日のすべてのものがきっと私の記憶に永遠に残ると信じています。じゃあね、チャンスがあれば、きっと戻ってくるよ!


IMG_6499j.JPG



图文/NOVA

posted by TEAM IT at 23:45| Comment(0) | 日記

2013年11月12日

弥五郎どん祭り紀行

我認爲持續以前流傳下來的風俗是件好事。真的信神也好,沒那麽相信也好,這樣的風俗已成爲當地的文化。
CSY

 11月3日の朝10時頃、私たち留学生三人と県短の二年生末川さんは、福田先生の車で曽於市大隅町の弥五郎どん祭り(毎年11月3日)に行きました。当日は小雨が降っていて、傘を開きながら動物の彫像の前に写真をとってもらいました。
 11月3日早上10我認爲持續以前流傳下來的風俗是件好事。真的信神也好,沒那麽相信也好,這樣的風俗已成爲當地的文化。点左右,我们留学生三人和县立短大的末川同学一同乘坐福田老师的车前往曾于市大隅町的弥五郎祭。当天小雨的缘故,我们撑着伞在动物雕像前合了照。
11月3日早上10點左右,我們留學生三人和縣立短大的末川同學一同乘坐福田老師的車前往曾于市大隅町的彌五郎祭。當天小雨的緣故,我們撐著傘在動物雕像前合了照。

弥五郎1 (1).jpg


 神社にいく前に、駐車場の物産館で、ぶらぶらと鉢植えやお土産を見回りました。途中で、牛の引いている荷車で運ばれている野菜が、本物より大きいことに気づきました。一個一個と作るのは面倒で目覚しくないので、むしろ大きな個体を作った方がいいと考えて作ったのかもしれません。鮮やかで生き生きとして、物産館のいいシンボルになりました。
 去神社前我们现在停车场旁的物产馆逛了逛,看了看盆栽、土特产什么的。途中看到一辆牛拉着的货车,注意到车里装运的蔬菜都比真的大。也许是(制作者)考虑到一个个做太麻烦,还不如把个体做大了方便。(货车)鲜艳生动,成了不错的物产馆象征。
去神社前我們現在停車場旁的物産館逛了逛,看了看盆栽、土特産什麽的。途中看到一輛牛拉著的貨車,注意到車裏裝運的蔬菜都比真的大。也許是(制作者)考慮到一個個做太麻煩,還不如把個體做大了方便。(貨車)鮮豔生動,成了不錯的物産館象征。

弥五郎1 (2).jpg


 最初ちょっと道に迷ってしまって、お茶祭りの場所を弥五郎どん祭りの場所と誤解しました。お茶とお漬け物を食べでみました。
 最初稍微迷了点路,把茶祭误解为了弥五郎祭。试着喝了点茶,吃了点点心。
最初稍微迷了點路,把茶祭誤解爲了彌五郎祭。試著喝了點茶,吃了點點心。

 いよいよ正しいルートを進んでいって、下り坂に沿って歩きながら山上の弥五郎どんの石像を写真に撮りました。帽子をかぶって、二本の刀を佩びている側面です。祭りの紹介によると、弥五郎どんは身の丈一丈六尺、梅染の単衣を着用し、刀大小を佩び、四輪車の上に立って威風堂々の巨人のようです。
 渐渐向正确的路线前进,沿着下坡边走边把山上的弥五郎石像拍进照片。是戴帽,配两把刀的侧面。根据祭典的介绍,弥五郎的形象是一个身长一丈六尺,身着梅色单衣,配大小刀站立于四轮车上威风凛凛的巨人。
漸漸向正確的路線前進,沿著下坡邊走邊把山上的彌五郎石像拍進照片。是戴帽,配兩把刀的側面。根據祭典的介紹,彌五郎的形象是一個身長一丈六尺,身著梅色單衣,配大小刀站立于四輪車上威風凜凜的巨人。

弥五郎1 (3).jpg


 弥五郎どんの起源に関して二つの説があります。隼人族の首領説と武内宿禰説です。西郷隆盛と類似して、弥五郎どんは古代の西郷どんに該当すると言われています。人々は大きな巨人、いわゆる「弥五郎どん」に対する敬愛の気持ちと信仰を表すために、毎年祭りを行っているのです。
 有关弥五郎的起源有两种说法。隼人族首领说和武内宿祢说。与西乡隆盛类似,弥五郎就相当于古代的西乡隆盛。人们为了表达对巨人也就是弥五郎的敬爱与信仰,每年举行祭典。
有關彌五郎的起源有兩種說法。隼人族首領說和武內宿祢說。與西鄉隆盛類似,彌五郎就相當于古代的西鄉隆盛。人們爲了表達對巨人也就是彌五郎的敬愛與信仰,每年舉行祭典。

 ようやく入り口みたいな街道について、案内板がみえました。色々な露店が道端に出て、様々な食べ物や玩具や遊びの項目などができます。たい焼きとたこ焼きを食べてみました。
 终于到达入口模样的街道,能看到块引路板。路边出了许多小摊儿,有各色食物,玩具,游乐项目等。试着吃了鲷鱼烧和烤章鱼。
終于到達入口模樣的街道,能看到塊引路板。路邊出了許多小攤兒,有各色食物,玩具,遊樂項目等。試著吃了鲷魚燒和烤章魚。
yg1.jpg

 少し山登りすると、亭みたいな建物の周りに人々がたくさん集まっていました。「武道大会」という大きな四字が隣の看板に書いてありました。きっとレベルの高い試合だろうと期待していたのですが、これは小学生の相撲大会でした。子供達が勝つために一生懸命にやっていたのは、想像以上に面白かったです。近くにちょうど小学校があって、相撲大会の間に、小学校の運動場で楽器チームの人たちが太鼓などを叩き、祭りを盛り上げていました。
 稍微登上山,好像亭子的建筑周围聚集了许多人。我期待着一定是有高水准的比赛吧,结果是小学生的相扑大会,但小孩子们为了胜利拼命比赛的样子比起想象还挺有趣。附近正好有所小学,相扑大会进行期间,小学操场上乐器队的人敲着鼓,传递来祭典的热情。
稍微登上山,好像亭子的建築周圍聚集了許多人。我期待著一定是有高水准的比賽吧,結果是小學生的相撲大會,但小孩子們爲了勝利拼命比賽的樣子比起想象還挺有趣。附近正好有所小學,相撲大會進行期間,小學操場上樂器隊的人敲著鼓,傳遞來祭典的熱情。
 やっと山の中腹の八幡神社に登った。たくさんの人が列に並んでお参りするのを待っていて、おみくじの箱もありました。おみくじは、凶とか吉とか出るけど、人の運勢を占うのは本当はそんなに簡単なことではなく、その人の前世経歴等すべてが関わっていると思います。灯篭や注連縄(しめなわ)や紙垂(しで)などの飾り物は建物とともに神社らしい雰囲気をかもし出していました。
 好不容易登上山腰的八幡神社,已有许多人排队等着烧香什么的。还有抽签的箱子,我认为签的吉凶、运势什么的分类极困难,是有着历史堆积的事情。灯笼呀白绳呀折纸什么的装饰物和建筑物一起带来神社的气氛。
好不容易登上山腰的八幡神社,已有許多人排隊等著燒香什麽的。還有抽簽的箱子,我認爲簽的吉凶、運勢什麽的分類極困難,是有著曆史堆積的事情。燈籠呀白繩呀折紙什麽的裝飾物和建築物一起帶來神社的氣氛。

弥五郎1 (5).jpg


 神社では、午後一時になると、弥五郎どんの御神幸が始まりました。御神幸というのは、案内の看板によると、子供たちが弥五郎どんを先頭に引いて、神幸の行列が続き、午後二時頃、御旅所に到着して、地域の平安や繁栄を祈る神事を行った後神社に戻ることです。私たちは道端に立って、行列が神社から降りるのを見ました。
 我们在神社等到下午一点,弥五郎的御神幸开始了。根据引路的看板上说的,御神幸是孩子们在前面拉着弥五郎(的模型),后面跟着行列,下午两点左右到达旅所,进行祈祷地域平安繁荣的神事后回到神社。我们站在路边观看了行列从神社下来的过程。
我們在神社等到下午一點,彌五郎的禦神幸開始了。根據引路的看板上說的,禦神幸是孩子們在前面拉著彌五郎(的模型),後面跟著行列,下午兩點左右到達旅所,進行祈禱地域平安繁榮的神事後回到神社。我們站在路邊觀看了行列從神社下來的過程。

 昔から伝わってきた風俗を守り続けるのはすごくいいことだと思います。神様を本当に信じていようかいまいかは重要ではなく、これはすでにこの土地の伝統文化になっています。弥五郎どん祭りは貴重な宝物として尊敬・保護されるべきだと思います。
 我认为持续以前流传下来的风俗是件好事。真的信神也好,没那么相信也好,这样的风俗已成为当地的文化。我认为应该把弥五郎祭看作珍贵的宝物尊敬和保护。
我認爲持續以前流傳下來的風俗是件好事。真的信神也好,沒那麽相信也好,這樣的風俗已成爲當地的文化。我認爲應該把彌五郎祭看作珍貴的寶物尊敬和保護。

posted by TEAM IT at 18:45| Comment(0) | 日記

2013年11月06日

花と海の楽しみ

時間が経つのは早いですね。鹿児島に来てもう一ヶ月になりました。こちらの生活にもだんだん慣れて、市内の鹿児島中央駅や天文館など、あっちこっちに出かけて行きました。ところで10月末になって、週末を利用して遊びに出かけました。このブログを見ながら、私たちと一緒に花と海の美しさを楽しみに行きましょう。

时间过的很快,转眼间来鹿儿岛的日子已经有一个月了。逐渐安顿好、适应起来,鹿儿岛市中心的中央车站、天文馆等地方也有过几次走走逛逛;到了10月的最后一个周末,我们决定抓住10月的尾巴,来了一次小清新的周末出游。请跟着博客和我们一起赏花、看海去吧~~

時間過的很快,轉眼間來鹿兒島的日子已經有一個月了。逐漸安頓好、適應起來,鹿兒島市中心的中央車站、天文館等地方也有過幾次走走逛逛;到了10月的最後一個週末,我們決定抓住10月的尾巴,來了一次小清新的週末出遊。請跟著博客和我們一起賞花、看海去吧~~

一日目の行き先は、鹿児島市の西南にある慈眼寺公園です。中央駅から慈眼寺駅まで、電車で約15分ぐらいです。

第一日的目的地是位于市区西南部的慈眼寺公园。我们从中央车站乘坐电车15分钟左右就能到达慈眼寺站了,十分方便。

第一日的目的地是位於市區西南部的慈眼寺公園。我們從中央車站乘坐電車15分鐘左右就能到達慈眼寺站了,十分方便。

1.JPG
電車を降りたあと山道に沿って歩いて行くと、だんだん高いところに着いて、ここから有名な桜島を眺める
ことができます。鹿児島に来て、初めて桜島の全貌を見ることができて、とても興奮しました!(゚∀゚)

出站后我们且说且行,沿着山路渐渐走到的较高的地势,远远望去能看到鹿儿岛最著名的樱岛火山,这还是我来这里后第一次看到樱岛火山的整体轮廓呢,好兴奋~~

出站後我們且說且行,沿著山路漸漸走到的較高的地勢,遠遠望去能看到鹿兒島最著名的櫻島火山,這還是我來這裡後第一次看到櫻島火山的整體輪廓呢,好興奮~~


日本の公園ははっきりとした境界があまりなく、いつの間にか公園に入っていました。

似乎日本的公园并没有很明确的范围界限,很自然的和环境融为一体,于是不经意间我们已是在公园漫步。

似乎日本的公園並沒有很明確的範圍界限,很自然的和環境融為一體,於是不經意間我們已是在公園漫步。

2.jpg

この季節、慈眼寺公園の中で一番人気があるところはこの花の広場でしょう。いまは花盛りで、花の群れがいっぱいあって、絢爛豪華と言えます。「こんなに美しい花は何ですか。」皆さんもきっと聞きたいでしょう。友達によると、これらは「コスモス」で、「秋桜」とも書くそうです。日本では、春の時桜を愛でるのは当然ですが、秋になるとコスモスを見に行く場合が多いそうです。

现在这个时节,这公园中最吸引人眼球的当属这花广场了。这里花丛遍布,花开的正好,无比的绚烂美丽。忍不住要问同行的友人,这么美丽的花叫什么名字。友人告诉我这是大波斯菊,日语中也写做“秋英”;在日本,春天当然是赏樱花,而秋天正是看这“秋英”的季节。

現在這個時節,這公園中最吸引人眼毬的當屬這花廣場了。這裡花叢遍佈,花開的正好,無比的絢爛美麗。忍不住要問同行的友人,這麼美麗的花叫什麼名字。友人告訴我這是大波斯菊,日語中也寫做“秋英”;在日本,春天當然是賞櫻花,而秋天正是看這“秋英”的季節。

3.jpg
遠くの山々、緑、眼前の花畑と一緒に綺麗な風景画になります。自然の美しさは私たちをうっとりとさせました。(*´∀`*) 

远山,绿树,鲜花,俨然是一副风景画,我们不禁陶醉在这大自然美丽的画卷中。

遠山,克,鮮花,儼然是一副風景畫,我們不禁陶醉在這大自然美麗的畫卷中。

4.jpg

花の広場の向こうは広い緑地になっていて、一面の芝生を見ると気持ちがすっきりしました。ここにあるイタリヤ式水階段はロマンチックでしょう。

广场对面是一片绿地,满眼的绿色让人心情很舒畅。草地边这一处的意大利式水阶也颇具浪漫气息。

廣場對面是一片穀n,滿眼的告F讓人心情很舒暢。草地邊這一處的意大利式水階也頗具浪漫氣息。

5.jpg

脇の階段を上がると公園の自然步道に入りました。並木道をそぞろ歩いて、新鮮な空気を胸にいっぱい入れて、完全にリラックスしてしまいした。たまにジョギングをしている人に出会って、互いに挨拶を交わしました。近くに住んでいる人たちは、よくここに来て散歩したり、体を鍛えたりしているそうで、これは本当にいいことだと思います。

沿着水阶旁的楼梯往山上走,就是公园的自然步道了。漫步在这山间的林荫小道,呼吸着树木制造的新鲜氧气,身心都感到特别放松。时不时会遇上在林间慢走锻炼的人们,应该是住在附近的居民吧,能经常来这样的环境里散散步、锻炼锻炼身体,真是太不错了!

沿著水階旁的樓梯往山上走,就是公園的自然步道了。漫步在這山間的林蔭小道,呼吸著樹木製造的新鮮氧氣,身心都感到特別放松。時不時會遇上在林間慢走鍛鍊的人們,應該是住在附近的居民吧,能經常來這樣的環境裡散散步、鍛鍊鍛鍊身體,真是太不錯了!


帰り道も静かで、ほっとする感じがあります。こんなに穏やかな町に住んでいて、自然の美しさに恵まれるのはどんなに幸せなことでしょうか。

回去的路还是那么安详宁静,我不禁想,生活在这样安详的城镇,享受着美丽大自然的恩惠,这里的人们是多么幸福啊!

回去的路還是那麼安詳寧靜,我不禁想,生活在這樣安詳的城鎮,享受著美麗大自然的恩惠,這裡的人們是多麼幸福啊!



翌日、私たちは薩英戦争探訪クルージングに参加しました。鹿児島に来て初めて海にでたので、私たちはとても興奮しました。

翌日,我们有幸参加了萨英战争探访的游船活动。对于来到鹿儿岛后第一次出海的活动我们感到非常兴奋。

翌日,我們有幸參加了薩英戰爭探訪的遊船活動。對于來到鹿兒島後第一次出海的活動我們感到非常興奮。

6.JPG

これが私たちが乗ったクルーズ船で、カッコイイでしょう。

这是我们乘坐的游船,是不是很神气呢~~

這是我們乘坐的遊船,是不是很神氣呢~~

7.jpg
「ああ、出発した!」船は港を出て、だんだん町が遠ざかります。振り返って見ると、紺碧の海と真っ青な空は一つになり、相接っするところに鹿児島市が静かに横たわっています。

“开船啦!”渐渐地船远离了城区,回头望去碧蓝的海水与湛蓝的天空连成一片,海天相接处静卧着安详的鹿儿岛市。

“開船啦!”漸漸地船遠離了城區,回頭望去碧藍的海水與湛藍的天空連成一片,海天相接處靜臥著安詳的鹿兒島市。

こんなにきれいな景色を楽しめるのは最高です!海が大好き〜(*´∀`*)

看着这碧蓝的海水,欣赏着这么美丽的景色,实在是太棒啦~~

看著這碧藍的海水,欣賞著這麽美麗的景色,實在是太棒啦~~

8.jpg
ついに桜島に近づいてきました。眺めるとあちらこちらに緑がたくさんあって、家屋もいくつかあります。船の上から見るだけで、桜島は何だか神秘さを感じます。桜島の中に一
体何があるのかな?チャンスがあれば、ぜひ上陸して見に行こうと思います。

船渐行渐远,离樱岛也越来越近了。放眼望去岛上有很多的绿树,还有一些小房子,只是只能从这里看去,终究有些神秘感。上面到底有什么呢?下次有机会的话一定要上去一探究竟呀。

船漸行漸遠,離櫻島也越來越近了。放眼望去島上有很多的克,還有一些小房子,只是只能從這裏看去,終究有些神秘感。上面到底有什麽呢?下次有機會的話一定要上去一探究竟呀。

9.JPG

この写真はおもしろいでしょう。特別な服を着ている三人は誰か分かりますか?
ハハ、左側からは西郷隆盛、大久保利通と篤姫でございます。三人とも薩摩(今の鹿児島)出身です。今回は彼らが薩摩維新観光隊としてクルーズで皆さんを歓迎してくれましたよ。

这张照片很有趣吧,猜猜这穿着特殊服装的三位是谁?
哈哈,从左到右依次是西乡隆盛、大久保利通和笃姬。他们三位可都是萨摩(也就是现在的鹿儿岛)出身的大人物呢,这次作为萨摩观光维新队的成员在游船上欢迎大家~~

這張照片很有趣吧,猜猜這穿著特殊服裝的三位是誰?
哈哈,從左到右依次是西鄉隆盛、大久保利通和笃姬。他們三位可都是薩摩(也就是現在的鹿兒島)出身的大人物呢,這次作爲薩摩觀光維新隊的成員在遊船上歡迎大家~~


10.jpg
帰航した時桜島が噴火して、近い距離で写真を撮ることができました。火山灰は花が開くように拡散していき、となりに白い雲がいくつかあって、こんな風景も可愛いですね。ლ(╹◡╹ლ)

游船返航的时候恰好又碰上樱岛火山喷发,这次可是近距离的给它做了个记录。火山喷发的灰雾从小小的一团慢慢展开、扩散开来,像花儿盛开一般,天边还轻轻地点缀着几朵白云,这景象看起来是不是很萌呢~~

遊船返航的時候恰好又碰上櫻島火山噴發,這次可是近距離的給它做了個記錄。火山噴發的灰霧從小小的一團慢慢展開、擴散開來,像花兒盛開一般,天邊還輕輕地點綴著幾朵白雲,這景象看起來是不是很萌呢~~

11.jpg
港に戻ってきました。他の船もいろいろなデザインがあり、それぞれきれいです。桜島フェリーは値段も高くなく、自動車や自転車を積んで桜島に渡ることもできます。何より景色がとてもきれいです。

返回到港口,又碰到几条游船,各自有不同的主题风格呢,都很漂亮。而且游船的价格也不贵,还可以把自己的自行车和汽车装载在游轮上,一起渡到樱岛上去,在岛上自由的欣赏风景。

返回到港口,又碰到幾條遊船,各自有不同的主題風格呢,都很漂亮。而且遊船的價格也不貴,還可以把自己的自行車和汽車裝載在遊輪上,一起渡到櫻島上去,在島上自由的欣賞風景。


今度の遊びはのんびりして楽しかったでしょう。もし機会があれば、鹿児島にきて、皆さんも花と海を見て、鹿児島の美しい自然景色を楽しんでみてくださいね!

这次的周末小清新之旅就这样结束了,是不是休闲又美好呢。如果有机会来鹿儿岛,大家也可以去赏赏花,看看海,享受一下这里宁静美好的自然风光!

這次的周末小清新之旅就這樣結束了,是不是休閑又美好呢。如果有機會來鹿兒島,大家也可以去賞賞花,看看海,享受一下這裏寧靜美好的自然風光!


图文/tang
posted by TEAM IT at 00:03| Comment(0) | 日記

2013年10月21日

今咲かせよう、アジアの花

9月末に鹿児島にやってきました!はじめてのブログ、ドキドキしています!

このタイトルを見てどう思いますか?なかなか良いタイトルですよね。
はいはい!先日の10月12日と13日に、第8回鹿児島アジア青少年芸術祭がありました。12日には宝山ホールで、13日は中央公園でいろいろな催しものがありました。この時のイベント「今咲かせよう、アジアの花」について紹介します。

この芸術祭は、アジア各国と鹿児島の青少年が一堂に集まって、音楽を中心とした芸術の交流をし、国際性を育み、郷土に対する誇りや情熱があふれる青少年を育成するともに、鹿児島市民の国際交流意識を高めるために、今まで8回開催されていました。
楊先生からこの芸術祭をご紹介いただき、アジア各国の文化のそれぞれの魅力を一日中体験してきました。




我是9月底刚从南京来到鹿儿岛的新留学生。第一次写博客,请不要见笑哟。

看了这个标题,是不是觉得很有诗意呢?
正如标题所写,这是第八届鹿儿岛青少年艺术展的宣传口号,此次艺术展为期两天,10月12日在宝山礼堂,13日在中央公园开展了丰富多彩的活动。
这样的艺术展至今已经举办了八届,亚洲各国与鹿儿岛的青少年欢聚一堂,旨在以音乐为纽带交流艺术的同时,培养既具有国际性又对自己的家乡充满热情的青少年们,并且也提升了鹿儿岛市民的国际交流意识。
我们从杨老师那里得知此次艺术展的消息后非常感兴趣,想着去体验一番亚洲多国文化的魅力!


我是9月底剛從南京來到鹿兒島的新留學生。第一次寫博客,請不要見笑喲。

看了這個標題,是不是覺得很有詩意呢?
正如標題所寫,這是第八屆鹿兒島青少年藝術展的宣傳口號,此次藝術展爲期兩天,10月12日在寶山禮堂,13日在中央公園開展了豐富多彩的活動。
這樣的藝術展至今已經舉辦了八屆,亞洲各國與鹿兒島的青少年歡聚一堂,旨在以音樂爲紐帶交流藝術的同時,培養既具有國際性又對自己的家鄉充滿熱情的青少年們,並且也提升了鹿兒島市民的國際交流意識。
我們從楊老師那裏得知此次藝術展的消息後非常感興趣,想著去體驗一番亞洲多國文化的魅力!

IMG_5851_副本.jpg



中央公園に着くとすぐに、イベント案内の掲示板が目に入りました。この案内にしたがって、アジア文化体験のたびを始めましょう~(´ω`)中央公園で行われていたアジアん屋台、アジア体験ブース、ダンス•音楽コンテストなどのアジアんステージ、ヤッセンボークイズ大会など、天文館サテライト会場で行われたアジア雑貨などの販売、路上パフォーマンス…種類が多くて、内容もとても豊かです!


刚到中央公园,醒目的指示牌便引入眼帘,依照这份清晰的指示,我们开始了小型的“亚洲文化体验之旅” ~(´ω`)中央广场的亚洲美食小摊、亚洲文化体验展台、亚洲歌舞表演、猜谜拉力赛,天文馆会场的亚洲杂货贩卖、当街表演等,太丰富多彩了吧~

剛到中央公園,醒目的指示牌便引入眼簾,依照這份清晰的指示,我們開始了小型的“亞洲文化體驗之旅” ~(´ω`)中央廣場的亞洲美食小攤、亞洲文化體驗展台、亞洲歌舞表演、猜謎拉力賽,天文館會場的亞洲雜貨販賣、當街表演等,太豐富多彩了吧~



I8797.jpg





このさわやかの秋の日に、芝生に座ったり、アジアん屋台から買ってきたおいしいものを食べたり、裸足で水の中で遊んだり、自然とアジア各国文化の雰囲気に囲まれて、いい感じでしょう!興味があったら、ヤッセンボークイズ大会も参加できました。出す問題はそんなに難しくないよ、ヒントもあるし、子供でも答えられました。正解だったら、すてきな記念品が手に入るチャンスですよ。私はちょっと恥ずかしくて、ヤッセンボークイズ大会のステージに出る勇気がなかったのですが、今思ったら、残念なことをしたと思いました!



在这秋高气爽的天气里,坐在草地上,品尝美食小摊贩卖的亚洲各国美味,光着脚在水里嬉戏一番,沉浸在这自然和亚洲各国文化的浓浓氛围中,真是心旷神怡!如果有兴趣的话,还可以参加猜谜大会,出的题也都没那么难,并且还有提示,连小朋友都能回答的上来哦。如果答对了的话,还能得到精美的纪念品。我有点害羞,没敢登上舞台回答问题,现在想起来还是觉得有点遗憾呢!

在這秋高氣爽的天氣裏,坐在草地上,品嘗美食小攤販賣的亞洲各國美味,光著腳在水裏嬉戲一番,沈浸在這自然和亞洲各國文化的濃濃氛圍中,真是心曠神怡!如果有興趣的話,還可以參加猜謎大會,出的題也都沒那麽難,並且還有提示,連小朋友都能回答的上來哦。如果答對了的話,還能得到精美的紀念品。我有點害羞,沒敢登上舞台回答問題,現在想起來還是覺得有點遺憾呢!


hgh.jpg




奥に行けば、アジア各国の文化を紹介しているブースがありました。掲示板とパンフレットで、各国のユニークな魅力が紹介されています。写真のように、各国の基本情報、観光地、料理、風俗などが文字と絵の形でまとめられていました。



朝里面走,就会发现很多介绍亚洲各国文化的小展厅,主要通过展板、宣传册的形式向大家展现每个国家的独特魅力。大家看到照片里的展板上,写有各个国家的基本情况,景点,美食、风俗等,图文并茂。


朝裏面走,就會發現很多介紹亞洲各國文化的小展廳,主要通過展板、宣傳冊的形式向大家展現每個國家的獨特魅力。大家看到照片裏的展板上,寫有各個國家的基本情況,景點,美食、風俗等,圖文並茂。



idgdf.jpg



中国の書道は深い学識や考えが蓄積されていますが、日本の書道も高く評価されています。この書道体験ブースはすごく人気がありました。自分で白いうちわに書いてもいいし、書道サークルのボランティアの人に書いてもらってもいいです。私もちょっと体験しました。うちわの正面に「日本」を書いて、裏に「中国」を書いて、日中の友好が永遠に続くように願いました



中国的书法博大精深,日本的书道文化也是备受推崇的。我们来到的这个小小的书道体验区非常有人气,在这里可以自己在白色的小扇子上写想写的内容,也可以让书道协会的志愿者们帮你写,于是我也上前体验了一番~我在扇子的正面写了日本,反面写了中国,象征着希望中国和日本两国的友谊可以源远流长。


中國的書法博大精深,日本的書道文化也是備受推崇的。我們來到的這個小小的書道體驗區非常有人氣,在這裏可以自己在白色的小扇子上寫想寫的內容,也可以讓書道協會的志願者們幫你寫,于是我也上前體驗了一番~我在扇子的正面寫了日本,反面寫了中國,象征著希望中國和日本兩國的友誼可以源遠流長。


original_aVEG_1de000003dc01191.jpg



中央公園を回った後、私たちは天文館サテライト会場に着きました。ちょうどよくここで路上パフォーマンスが上演されていました。この写真に写っているギター団は中国香港の大学生で、彼らを見てなんか親しみを感じてしまいました。(笑)このギター団のパフォーマンスがチョウうまい!自分達で作った曲を弾いて歌っていました。動作も揃っていて、たくさんの人を魅了しました。現場の雰囲気が短い時間で盛り上がっていました。    
                   


在中央公园结束我们的参观之后,我们又来到了天文馆的分会场,恰逢ー上露天的音乐演奏。这个吉他团队来自中国的香港,所以看到他们觉得特别亲切。他们琴艺高超,唱着自己作的曲,整个团队整齐划一,引得路人纷纷驻足观看,使现场的气氛一下子就活跃了起来。

在中央公園結束我們的參觀之後,我們又來到了天文館的分會場,恰逢趕上露天的音樂演奏。這個吉他團隊來自中國的香港,所以看到他們覺得特別親切。他們琴藝高超,唱著自己作的曲,整個團隊整齊劃一,引得路人紛紛駐足觀看,使現場的氣氛一下子就活躍了起來。



hjgjh.jpg



天文館にあるゲームセンターのまえで、大ガラガラ抽選器を無料でやってみました。くるくる回すと、小さい玉が落ちてきて、玉に貼ってある番号の賞がもらえます。「あ!4賞になった!」と言ったら、「4賞はかわいいクリップだよ」って、カウンターの店員から猫の形のクリップをもらいました。友達の賞品はフルーツキャンディーでした。私たちはあるかわいいお嬢ちゃんに出会いましたが、彼女もフルーツキャンディーをもらって、うれしそうでした。



我们在天文馆的一家电玩城前玩了一次免费的幸运大转盘,轻轻转动转盘,等到掉出来一个小球,小球上贴有事先写好的纸条。“啊,中了四等奖!”我高兴地叫道。店员把四等奖的奖品给了我,是个可爱的猫型小夹子,而同行的朋友拿到了一颗水果糖。我们还碰到了一个可爱的小女孩,她也摇到了水果糖高兴地摇头晃脑。

我們在天文館的一家電玩城前玩了一次免費的幸運大轉盤,輕輕轉動轉盤,等到掉出來一個小球,小球上貼有事先寫好的紙條。“啊,中了四等獎!”我高興地叫道。店員把四等獎的獎品給了我,是個可愛的貓型小夾子,而同行的朋友拿到了一顆水果糖。我們還碰到了一個可愛的小女孩,她也搖到了水果糖高興地搖頭晃腦。



jhhj.jpg




このマスコットはチョウかわいいでしょ。一緒に写真を撮りたいと言ったら、「いいよ!」って返事をもらいました。



这个人偶很可爱吧~我们上前问他能否合照时,他爽快地答应了。

這個人偶很可愛吧~我們上前問他能否合照時,他爽快地答應了。



IMG_5866.JPG



あるおすし屋の前で撮った写真。私が気づいたのは、日本で魚を表す漢字には、全部「魚」が含まれていること。すごいよね!中国でもこんないっぱい「魚」が含まれた漢字を見たことがなかった。



 这是在一家寿司店前拍的照片。我注意到这家店门前的汉字全都有“鱼”这个偏旁,很酷吧!我连在中国都没见到过这么多含有“鱼”的汉字呢!

這是在一家壽司店前拍的照片。我注意到這家店門前的漢字全都有“魚”這個偏旁,很酷吧!我連在中國都沒見到過這麽多含有“魚”的漢字呢!



IMG_5878_副本.jpg



最後に、私たちは「むじゃき」に来ました。鹿児島の名物ーー氷白熊は暑い日に最高の一品。頂上に載っている焼きプリン、まわりにたっぷりかけた練乳、たくさんの果物…もう最高!店の外にかわいい白熊が立っています。チャンスがあれば、皆さん絶対食べてみてください!おススメです!!


最后我们来到了这家鹿儿岛很有名的甜品店−−白熊冰沙。最上面耸立着诱人的烤布丁、周围浇上了甜甜的炼乳、周围堆满了水果,真的是太棒了!门口摆放的白熊造型也很憨态可掬吧。如果有机会大家一定要来尝一尝哟!强力推荐!

最後我們來到了這家鹿兒島很有名的甜品店−−白熊冰沙。最上面聳立著誘人的烤布丁、周圍澆上了甜甜的煉乳、周圍堆滿了水果,真的是太棒了!門口擺放的白熊造型也很憨態可掬吧。如果有機會大家一定要來嘗一嘗喲!強力推薦!


图文/NOVA
posted by TEAM IT at 21:49| Comment(1) | 日記